この先生は、本当に向き合ってくれるんだな。

最近のこと

2024年3時21日

入院10日目-1

 

今日の午前中は、なんだか体がしんどかった。

先生がやってきた時、すぐに反応できなかった。

 

パッと声も出なかったし。

のそーっと反応する。

 

何から会話が始まったか忘れたけど、手の筋力をみて

「これ全力?」

とか言われ。

 

アイソカルは分割で入れていいよ、と言われた。

一気に入れるとしんどいのよ。

胃が気持ち悪いのよ。

多過ぎるのよ。

 

「いつもイノラス、3-4時間かけて入れるところを、2時間くらいで終わらせたんですよ」

「1時間でもいいよ。もっといこう」

「いや、今でもちょっと胃が気持ち悪いのに。。」

「筋肉つけるためにも、何のためにも、まずは栄養つけないと。ぷくぷく太りなさい」

「ぷくぷく太れるなら太りたいけど、体がついてこない。いくらでも入れられる、強い胃をください」

「うーん。ほんとはもっと口から食べてほしいけど。。前にも言ったけど、胃に入ったら半固形になるやつ試してみる?そのほうが、胃の不快感も減ると思うけど」

「なんでも試してみましょう。試せるものは、とりあえず試したい」

「じゃあ、退院までに、少しでも試せるものを試してみよう。大丈夫。退院するって言っても放っておかないし、ちゃんと治療もするから」

そんなことを言いながら、去っていったと思う。

 

あ、リハビリの話もしていたな。

「今、リハビリとか受けられる状態?」

「こっちでは、何もないですよ。向こうでは、精神科から訪問リハが出てましたけど」

「精神科のリハって違うからなぁ」

「それしかなかったので。あ、もう必要なくなるから、こっちに引っ越すことにしました」

「そうか。今の状態だと、完全に筋力落ちて動けてないし、肢体不自由で出すかなぁ」

この先生は、本当に向き合ってくれるんだな。

 

 


先生が去って少しして、PTさんがやってきた。

「大丈夫ですか?なんか、ぐったりしてますけど。いつも以上に、目に光がない」

「なんかね、何したわけでもないんですけど、今日はしんどいんです」

「今日は、トレーニングなしで、そのままの体勢でいいので、お話だけ少ししましょう」

 

今後、私が受けられるかもしれないサービスの話。

介護保険とか、ものによっては、年齢的に難しいだろうもの。

ヘルパーさんのような、ボランティアの話。

電動車椅子のこと。

介護福祉用品を見れる、試せるような場所。

 

「今はまだ、手帳とか何も持っていませんよね」

「持ってないです。ほしいですねー」

「ほしいですよねー。身障があれば、受けられるサービスも違うし、電動車椅子買うってなった時にも補助金とか出たりします。まだ診断ってちゃんとは出てないんですよね?」

「まだですね。明日、母親が来て、3人で話をします」

「そこで先生が診断を出してくれて、市役所で申請ができたら、いろいろと話が進めやすくなってくるんですけどね」

「身障ほしいなぁ。それだけで、生活がかなり楽になれると思う」

 

ここまで来たら、何かほしい。

治るとかよりも期待して、ずっと言い続けている。

 

「生活を楽にしたい」

 

そのために、ずっと診断を欲してきた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました