ちょっと目を離した隙にいなくなったんです。笑

最近のこと

2024年4月3日

午後。

退院後初の神経内科。

 

受付の後、採血に行ってくれと言われる。

一緒に来ていた母親が、車に忘れ物を取りに行っていたから、自力で採血の部屋へ。

すぐそこに見えているのに遠い。

 

途中から頭がグラグラしだすし、何度も休憩しながら、ゆっくり進む。

採血室の受付の人が出てきてくれた。

途中から、採血をする看護師さんが車椅子を押してくれた。

 

「ここに来る度に、血を取られてる」

「そうなんですね」

「まぁ、前回ここ来た時は10本だったから」

「そしたら、だいぶ減りましたね」

 

ちなみに今回は、3本だった。

採血が終わって、待合を抜けるあたりまで車椅子を押してくれた。

 

さて戻ろう、と進みだした時に、後ろから声をかけられる。

振り返ると、入院中お世話になった看護師さんだ😃

入院患者さんを連れて検査かな。

少しだけしゃべって別れる。

 

 

内科受付のほうを見ると、母親と先生が何かやり取りをしている。

先生の動きが、「あ、いた」みたいな感じだったから、探してたのかな?

母親が迎えに来てくれて、診察室の前へ向かう。

 

母親曰く、

忘れ物を取って帰ってきたら本人がいない。

でも、もう名前を呼ばれた。

「ちょっと目を離した隙にいなくなったんです。車椅子の子、見かけませんでした?」

受付とか先生に、そんな風に言ったそうな。

 

そんな、小さい子供じゃないんだから。

採血行けって言われたから行ってただけだし。

てか、自分が忘れ物して離れたんでしょ。

ひどい言われようよ🤣

 

 

結局、採血の速報を待つということで、その後30分以上待ったかな。

診察室へ。

 

「動きどう?」

「右手足を使えば使うほど、左の動きがどんどん悪くなっていく〜」

「そうかぁ」

 

私の左腕を持ちながら

「握って、開いて。腕曲げて」

さっき採血室までがんばったし、かなり動き悪いよ🙃

 

「ステロイド、あんま効いてなさそうだし減らそうかな」

毎朝4錠のプレドニンが、3錠に減った😃

 

代わりに、別の薬が増えた。

重症筋無力症で使うもので、無理矢理筋肉を働かせるような薬だとか。

副作用が出やすいから、しんどくなるならやめていいとのこと。

 

「体重は?」

「2週間の入院で2キロ落ちました」

「落ちたか。。あれで落ちたかー。今何食べてる?」

「イノラス3つは続けてます。午前中、別のクリニックで、イノラス4つにする?とか話してたんです」

「4つどころか、5つでも6つでもいいよ。口からは?」

「入院中と似たような感じかなぁ」

「ほんとはもっと口から食べてほしいけど。。口からが増えないのは、むせるから?」

「最近、むせるようなものは口にしない。食べるという行為そのものがしんどい」

 

口からが増えない理由はいろいろある。

すぐお腹いっぱいで、いらないと思ってしまう。

あごが疲れる。

食べるという行為がしんどい。

イノラスで満足してしまう。

何を食べても美味しいと思えなくなった。

食への興味関心がなくなってきた。

 

ここまで話してないけど、そんな感じだ。

 

「イノラスは、1時間半から2時くらいで入れられるようになりました。1回、1時間かけずに入れたら、その後すぐ下痢しました」

「1回だけかぁ」

「それ以降、そんなに早く入れてませんからね」

3時間とかかけていた最初を思えば、早く入れられるようになったでしょ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました