予想外な見舞客!

最近のこと

2024年1月18日

朝から栄養剤50ml入れた。

いつもは大体25mlとか、それ以下。

でも、どんな量であれ、気持ち悪くて吐きそうになる。

じゃあ、もっと入れても一緒でしょう?

吐けるもんなら吐いてみろ、と自分にケンカを売る。

ということで、50ml入れた。

 

 

もう、入れてすぐから、上がってきそうに気持ち悪い。

上がってきそうな感じを降したくて、つばを飲み込む。

そして、おそらくそのつばにむせているのかな。

思いっきり咳き込む。

そして、お腹が痛い。

全然力のない咳だけどね。

最後はほんと、咳にすらなってない。

息が上がってしんどい。

こんなことを繰り返した午前中。

イライラするなぁ。

 

 


昨日のシリンジ問題

今日の夜はもっと大変だった。

全然動かなくて、もう手が痛すぎて。

 

何度か看護師さんに「引っ張ってください」って言いに行ったよ。

このせいで、注入する気失せるよね。

最終的には諦めて、大きいほうのシリンジに替えてもらった。

大きいのは全然使ってなかったから、簡単に動く。

でも、大きいから片手で扱いにくいんだよなぁ。

 

たった1週間でこれじゃ困ったもんだ。

シリンジのまとめ買いでもしないといけないかもしれない。

 

 

PR


午後の面会可能時間。

なんと、嚥下の先生やってきた!

 

わざわざ様子見に来てくれたようで。

何気に初めて、終始笑顔で会話できた気がするよ。

いつも最後には説教されたりしてたから😅

 

お腹の傷も見てくれた。

傷口キレイだって😃

 

片手で注入がうまくできているのかを、心配してくれていた。

今何を口から食べているか、水分量は?など、話をした。

 

「この病院のとろみ食がねー」

「まずい?」

「いや、美味しいんです!でも、喉にたまってうまく飲み込めないんです」

「とろみが強いんじゃない?」

「そう思って、お湯で薄めてみたけどなぜかダメで。タイミングが悪いと、めちゃくちゃ咳き込むし」

 

「口からでも注入しても、すぐ気持ち悪くなるけど、寝ないように気をつけてるんですよ。多少気持ち悪くても、もうちょっと入れるように心がけてるし」

「ずっと食べられてないから、急に入ってきて体がびっくりしてるからね。少しずつ慣らしていかないと」

「やっぱ、慣らしていくしかないですよね」

「そうだね。胃は筋肉だから、ちゃんと大きく伸びるし」

「もうね、毎日、こんなんじゃ先生に怒られるって思いながらやってるんですよ。いつも先生の顔、思い浮かべてます」

「鬼の形相でしょ😁」

「そうそう🤣」

 

水分注入量について。

「今、水分どれくらい入れろって言われてる?」

「400mlって言われてます」

「今は水分400mlでもいいけど、夏には800mlとか、それ以上入れられるようにならないとねー」

「800!」

「400mlの水って、ペットボトル1本より少ないよ」

「あー、確かに」

「今は色々がんばってるし、400で退院してもいいけど、春くらいから少しずつ慣らして、増やしていかないと。今度は、脱水で入院することになるよ」

がんばってるとか言ってくれたの、初めてじゃない?

「そんなんで入院したくないなぁ」

「日本の夏は暑いよ。ずっとクーラーの効いた家にいるならともかく、外に出たいでしょ?」

「外出たい!」

 

日本の夏、暑いか〜?

ふと思った。

去年の夏。

私はすでに、1人で自由に外出できなくなっていた。

基本、ずっと家にいた。

風通しがよかったから、クーラーはほとんどつけてなかった。

通りで暑いイメージがないわけだ。

きっと、外で活動しているみなさんは暑かったんだろうな。

 

「胃ろう、してよかったと思ってます。ありがとうございます😊」

「元気そうな顔が見れてよかった。うちのスタッフたちにも伝えておくね😁」

「よろしく伝えてください。今日は、わざわざ来てくれてありがとうございます」

 

いや、ほんとに。

すごく嬉しかった。

最初に看護師さんから、先生が来るって聞かされた時は動揺したけど🤣

え?え?え?先生来るの??笑

 

あの先生とは色々あった分、めちゃくちゃ嬉しかったよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました