胃ろう交換時の胃カメラ、すごい。。

最近のこと

2024年5月14日

PR

 

接続チューブ。

 

リハの後、先生がカタログを持ってやってきた。

お腹と繋いでいる、接続チューブ。

新しいのが欲しい、という話をしていたから。

 

全く同じものが欲しい。

前回、シリンジの時は、違うものが届いて困ったことになった。

同じような問題が起こらないように、何度も2人で確認した。

 

そして先生、私のチューブの写真撮ってたよ。

もしかしたら、短いチューブもセットになってしまうかもしれないそう。

ま、セットしかないなら仕方ない。

 

 

アコファイド。

胃の働きをよくする薬。

 

最近、胃の気持ち悪さはほぼなくなった。

そしたらもう、この薬を飲み続ける必要はないのでは?

 

「大丈夫そうやったら、もう今日からでもストップしたらええよ」

残りは、お守りとして持っておいて、必要になったら飲めばいい。

お、この薬もそういう使い方をしていいんだね。

 

 

胃ろう交換について。

胃ろう造設をしたのは1月だ。

私のカテーテルは、半年ごとに交換するタイプ。

もう5月も半ばだけど、交換時期になったら、どうしたらいい?

 

先生によると、胃ろう造設した病院の外来で、5-10分くらいで簡単にできるらしい。

交換時期になると、病院からハガキが送られてくるんだとか。

それが来たら、電話で予約する。

 

「ここではできないんですか?」

「やってあげたいけど、カテーテル交換のあと、胃カメラで確認しないといけないから」

 

カテーテル交換自体は、簡単に一瞬で終わる。

でもその後で、ちゃんと入ってるかを確認しておかないといけないらしい。

 

今現在私の胃は、お腹の壁とくっついている。

もしこれが離れた状態になっていて、カテーテルを入れてしまったら。。

お腹の中、胃の外に栄養剤とかを入れてしまうことになる。

こうなると、最悪死に至るような大問題。

学会レベルでしかないようなことらしいけど、確認は必須。

 

この嚥下のクリニックには、胃カメラはない。

だからできない。

 

ちなみに、この時の胃カメラ。

胃ろうカテーテルの穴から入れられるような、すごく細いものらしい。

まさかのここから!

 

胃カメラっていうと、鼻からとか口からのイメージ。

もちろん、病院によっては、それらで確認する。

そうなると、またいろいろ大変になりそうだからなぁ。

直接お腹から確認してもらえるならいいよね。

 

「すごいな、まさかの胃ろうから。ここに、そのカメラがあればよかったのに」

「買ってくれたら、なんぼでもやったげるわ。笑」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました