臨床心理士さん

自分のこと(過去の話)

2023年6月23日

精神科の先生との話のあと、隣の部屋にいた臨床心理士さんと顔合わせ。
今回は、軽く話をするのと、今後についての説明など。

 

はっきり言って、入院話が衝撃的過ぎて、この臨床心理士さんとのことはあまり覚えていない🤣

なんかちょっと過去の話をしたなー。なんで病院行かなくなったとか。

あとは、次回の心理テストについて。
2時間くらいかかるけど、体的に大丈夫ですか?
何か用意しておいたほうがいいものとかありますか?
色々書いてもらったりするけど、できそうですか?

絵を描いたりとかもするらしい。


そして、宿題を渡された。
家で書いて、次回持ってきてください、と。
精研式文章完成法テストというものをもらった。
色々言葉が書いてあって、それに続けて文章を完成させるというもの。

これ、やってみたけど、なかなかに楽しかった。
すっと書けるものもあれば、なかなか何も思い浮かばないものもあった。
これでどんなことが分かるんだろう。

 

そういえば、これらの心理テストに求めるものを聞かれた。
あと、心理テストというものに対してのイメージ。

心理テストにイメージというのは特にないなぁ。
これで何が分かるんだろう?というくらい。


心理テストに求めるというか、精神科に求めることは一つ。

この体の状態になる理由が知りたい。

心因性だというなら、その理由が分からないと対策もできないし、はっきりと納得のできる答えがほしい。
もちろん、今すぐに何かを求めているわけではない。
でも、これからのカウンセリングを通して、少しでも答えに近づけたらいいなと思っている。

 

前の記事

次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました