起き上がれない。。

最近のこと

2024年4月24日

昼間のリハに疲れて寝た。

 

 

そして夕方、目が覚めて起き上がろうとした。

 

 

右腕にしっかり力が入らなくて、起き上がれない。。

 

 

手すりのような掴まれるものはない。

地面を押して起き上がるしかないんだけど、右を向いても左を向いても、全然起き上がれる気がしない。

 

ちなみに、こんな場所で寝ていた。

 

ちょっと休憩したり、体の角度を変えたり、手の位置を変えたり。

1時間くらいは、1人でがんばった。

 

助けてというほどの状況でもなかったけど、ちょっとトイレに行きたかったのもあって、Cさんに電話した。

電話が繋がらなければ、訪問看護ステーションに連絡しようかとも思った。

 

 

15分くらいして、Cさんが来てくれた。

体を起こしてくれて、イスに座らせてくれて。

そのままトイレまで連れて行ってくれた。

 

普段トイレに行く時は、数歩杖で歩く。

でもこの時は、杖を持ち上げるのすら大変なくらい、右腕の力が弱かった。

 

だから、イスを便座の近くギリギリまでつけてもらい、移動させてもらう。

右腕が弱くなると、トイレに行くのも大変だった。

 

 

そのあとはもう、時間的にご飯だったから、イノラスを繋いでもらう。

下に座って、また動けなくなっても困るし、車椅子を持ってきてもらって、そこに座って過ごした。

 

ちょうどイノラスが終わったくらいに、Cさんがまた家に来てくれた。

そして、薬の注入をしてくれる。

 

 

リフレ はくパンツ 軽やかなうす型 2回分吸収 大人 紙おむつ 尿漏れ はきやすい Sサイズ 36枚

新品価格
¥2,100から
(2024/3/29 09:45時点)

 

 

こちらに帰ってきてから、シャワーは2日に1回だ。

疲れて、毎日入る元気がない。

シャワーを浴びるの自体、疲れる行為だし。

 

今日は元々、シャワーを浴びる日だった。

明日は、医大に行くし、市役所にも行くし。

 

「ほんとは今日、シャワー浴びたかったんですよねー」

「シャワー浴びる?入れてあげようか?背中にお湯かけてあげるよ」

 

今日浴びるか、明日の朝にするか。

朝から疲れることをするべきではないか。

いろいろ悩んだけど、入浴介助してもらうことにした。

 

そうと決まればCさん。

自分の車から、いろいろと道具を持ってきた。

エプロンと長靴、そして足湯用のバケツ。

 

初めての入浴介助では、まず話し合いから始まる。

何をどうするか。

移動方法から、どこで服を脱ぐか、など。

 

杖が使えない分、Cさんが私を持ち上げてくれたり。

さすが慣れてる感じ。

全然怖いとも、不安にも思わなかった。

下手な人が介助すると、受け手であるこちらが不安に感じる。

 

湯船に少しお湯をためて、背中にいっぱいお湯かけてくれた。

足湯もめちゃくちゃ気持ちよかった。

のぼせるくらいにあったかくなった♨️

 

久しぶりに、ドライヤーで髪の毛を乾かしてもらったよ。

お風呂、入れてもらえてよかった。

夜はそのまま、疲れて一瞬で寝た。

 

 


今回、一時的に右腕が弱くなって気づいた。

 

たったこれだけのことで、全然生活が成り立たなくなる

 

右腕がまともに使えなくなるということは、致命的な事態になる。

右足より重要だ。

 

右腕を使い過ぎないように、なんて難しいけど、気をつけないといけない。

今回は、Cさんにめちゃくちゃ助けられたな。

訪問看護が入るって、今後を考えると結構重要なことかもしれない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました