久しぶりの医大

最近のこと

2023年12月20日

早朝6時20分に到着。

まだ外は真っ暗だったけど、楽しかったフェリーの旅は終わった。

 

フェリーを降りるまで、車椅子を押してくれた。

船旅、めちゃくちゃ楽しかった!

 

ちなみにこれが、朝食となった。

このハイプチゼリー大活躍だ!

 


今日は11時半から、医大の精神科診察

久しぶりに会った先生に、11月初めに実家に帰ってからの話を一通りした。

 

地元の医大神経内科では、相変わらず

「今の医学ではわかりません」

と言われた。

それでも、無駄を承知で2つの検査をしてくれた。

そしたら、筋電図で異常が出た。

何の診断にも繋がりはしなかったけど、それでも異常はあったという事実。

 

嚥下問題について。

「神経内科でないなら、耳鼻科とか消化器内科とかを紹介してもらえませんか?」

「どこの科に行っても、誰も何もできない。それに効く薬があるわけでもないし。」

「じゃあ精神科は?カウンセリングでは難しいとは言われてきましたが」

「そうでしょうね。」

「精神科の薬は?」

「精神科の薬を飲んでも変わらない」

「じゃあ、どうすればいいんですかね?最悪、エンシュアとアイソカルゼリーだけ、みたいな生活になったりするんですかね?」

「そうなるかもしれませんね」

このやりとりについて話した。

相変わらず、神経内科の先生は、なかなかのことを言ってくれる。

さすがにけっこうショックを受けたという話。

 

こんな神経内科の翌日に、近所の耳鼻科に行って、その先生がすごく良くしてくれた話。

それがあって、今も地元で嚥下リハビリをしている。

嚥下の検査で、舌圧がめちゃくちゃ低いと言われた。

息を思いっきり吸ったり吐いたりする検査でも、計測できずとか、普通より低い値しか出なかった。

造影剤で見た感じでは、とりあえず誤嚥はしていない。

でも、咳き込んでまともに食べれないわけで。

嚥下の先生には、

「食べる力はある。でも、今がんばらないと、このまま食べられなくなる」

と言われた。

そして、全然まともにご飯が食べられていないから、胃ろうを勧められた。

 

これに対して精神科の先生。

「胃ろうかぁ」

あまりいい反応ではなかった。

先生の胃ろうに対する意見を聞いておけばよかったなぁ。

これはあとで思った。

 

そしてチューブを飲んだ話。

あれは、ある種の拷問だ。

思いっきり咳き込んだし、苦しかったし、しんどかったし、けっこう暴れた。

こんなことをしてまで栄養を摂りたいんだろうか、と本気で思った。

これを続けたら、そのうち精神的に振り切れると思ったからやめた。

先生も、

「チューブはきついよ、大変だよ😓」

と。

慣れる、普通のこと、ではないよね??

 

「どうやったら、もっと食べられるようになるんですかね。どうやったら、もっと飲めるようになるんですかね」

 

 

それから手帳の話。

やっと初診から半年経った

だから、精神の手帳は申請できる

もう一度診断書を書いてほしい。

 

それともうひとつ。

訪問看護・リハ継続のための指示書を書いてほしいと頼まれた。

用紙を見せると先生、すでにCさんが記入していた医師の名前、先生自ら自分に書き換えていた。

前回はなぜか、会ったこともない医師の名前で指示書が出ていた。

私もずっと気になっていたから、書き換えてくれてよかった。

 

最後に先生。

「精神の手帳の診断書書くのは全然いいんだけど、ほんとに書いていいの?」

「??」

「こっちの病院では何の異常もありません、ということになったから精神科なわけだけど、向こうでは多少なりとも異常が出たんでしょ?そしたら今後、この手帳が邪魔になったりしない?」

「え?問題ないんじゃないですか?身障は誰も書いてくれないし、あてにならないでしょう?それに、身障は一生もんだけど、精神は更新制でしょ?」

「いらなくなったら、更新しなければいいか」

「そうです」

 

診察を終えて部屋から出る時、先生が車椅子を押してくれた。

「少しでも無駄にエネルギー消費しないように😊」

 

心理士さんの部屋まで連れて行ってくれたあと、最後に一言。

「がんばってね😊」

「がんばります。ありがとうございます😁」

 

次回、この先生に会うのはいつになるだろう。

また弾丸で帰る時なのか、それともきちんと帰ってからになるのか。

今後の予定がわからないから、電話で予約をする、ということになった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました