訪問看護とお風呂の話

工夫

2023年10月23日

帰国後初の訪問看護があった。

基本的に私は、看護でしてもらうことはない。

でも、今回はちょっと訪問看護らしいこともあったかな。

 

まず、体温・血圧・血中酸素濃度を測る。

そして話をする。

入院最終週以来、お尻が痛い

座っていることが多いから、尾骨と坐骨の当たるところが痛い

最初は尾骨だけだったけど、最近は坐骨のほうが痛い。

体傾いてるし、左のほうが痛い。

 

ということで、お尻を見てもらった。

そんなにひどいことにはなってないけど、ちょっと赤くなっている、と。

皮膚が乾燥して、少し硬くなっている。

かるーい床ずれ状態だよね。

 

そして、あちこち掻きむしっていることを指摘される。

保湿剤とかかゆみ止めとか処方してくれないのかなぁ?だってさ。

一応市販のかゆみ止めは使っている。

それでも、寝ながら掻いて血まみれになることも🙃

 


そして、お風呂の話。

今現在、お風呂はシャワーだけで済ませている。

でも、そろそろ湯船に浸かりたい

そこで色々考えた。

 

うちにあるお風呂の椅子は高い。

 

湯船に近づけてみると、高さが同じくらいだった。

だから、この椅子に座った状態で足を湯船に入れる。

そして、椅子を支えに立ち上がる。

そしたら、湯船に浸かることができる。

出る時は逆の動作をする。

 

この向きではダメ。

 

これでは脚が引っかかるし痛い。

 

湯船と椅子の間に脚を入れると、遠くなって入るのが難しくなる。

 

色々試した結果、こうするのが1番いいという話になった。

 

お風呂 滑り止めマット ダイヤタッチLサイズ SD10L サイズ 38×70cm シンエイテクノ(入浴用品 すべり止めマット 自沈 浴槽 滑り お 風呂 グッズ)

価格:4000円
(2023/10/28 08:58時点)

あとは、湯船の中に敷く滑り止めマットがあれば、お風呂に入ってもいいと言われた。

お湯を張ったお風呂は滑るからね。

湯船に浸かれるまであと少しだ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました