口からチューブを飲み込んで、胃まで入れる。そんな栄養摂取法。

最近のこと

2023年11月27日

口からチューブを飲み込んで、胃まで入れる。

そして、エンシュアを1本分流し込む。

そんなことをしてきた。

 

いや、あれはある種の拷問なんじゃないかな。

それくらいきつくて、苦しくて、しんどかった。

 

まず、自分では全然入れられなかった。

ごっくんごっくんと飲み込めばいいとか言うけど、そんなことできる気がしなかった。

ただ、おえってなるだけ。

だから今回は、先生に入れてもらうことに。

 

まぁ、暴れまくった気がするよ。

何度も中断して、息と体勢を整えて。

何度も「やめる?続ける?」と聞かれながら。

がんばったよ。

 

最初のほうは、咳き込みまくって。

食道あたりを通る時は、吐きそうな感じになりながら。

何度も体が落ちそうになりながら。

体真っ直ぐにしたほうが楽だとか、急に動いたら危ないとか言われるけど、どうにも制御できないのよ。

 

胃まで入れられるまで、20分くらいかかったそうな。

50-60cmくらい、チューブを入れた。

チューブを口にくわえた状態で少し落ち着くのを待ち。。

もうこの時には、ちょっと涙を流しながら放心状態さ。

 

口から出ているチューブを頬にテープで止め。

そのあと、まずは少し空気を入れる。

先生が聴診器で胃の音を聞きながら。

そのあと、少し水を入れる。

それからエンシュアだ。

 

今は黒糖がいっぱいあるから、黒糖味を持って行ったよ。

まぁ、胃に直接流し込むから、味なんてわかんないけど。

シリンジを使って、少しずつ流し込む。

ちょっとひんやりとした感覚が流れてきた。

半分以上エンシュアの流し込んだくらいで、耳鼻科の先生やってきたよ。

一番大変なシーンを見逃したね🤣

 

最後までエンシュアを流し込み終わり、今度はチューブを抜く。

これも、なかなかにきつかったね。

ちょい暴れしながら終わったよ。

 

チューブを抜き終わってから落ち着くまで、耳鼻科の先生がずっと私をさすってくれていた。

その手がすごく優しかった。

 

終わったあとは、しばらくそのまま休ませてもらった。

こんなにしてまで栄養摂りたいんだろうか、と泣きながらに思った。

 

これを毎日やるらしい。

続けられるだろうか。

だんだん慣れてくるらしい。

最初はみんな、上手くできないものらしい。

でもそのうち、自分で飲み込めるようになってくるらしい。

その日が来るまで、気持ちがもつだろうか。

 

いつまでも、チューブのゴムの感覚が残っている。

ずっとお腹が気持ち悪い。

もう何も食べたくない。

この日は帰って、そのまま寝た。

シャワーも浴びず、晩ご飯も食べず。

正確には、気持ち悪くて眠れず、ただ横になっていただけ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました