食べることがストレスになって仕方がない

最近のこと

2023年11月25日

嚥下の先生に言われてから、毎日1回は固形物を食べるようにがんばっている。

しゅうまい1つとか、炊いてある大豆を2−3粒とか。

でも、たったそれだけを食べるが大変だ。

めちゃくちゃ咳き込んだり、そんなに咳き込まなかったとしても、喉の辺りに留まっている感覚が続いたり。

喉を過ぎて食道を通る時、しばらく苦しかったり。

はっきり言って、食べることがめちゃくちゃストレスだ。

 

昨日、うちでは鶏団子の鍋をした。

だから、1つだけ鶏団子を食べた。

スプーンで小さく切って、よく噛んで。

たった1つの鶏団子を食べ終わるのに、どれだけ時間がかかったか。

お茶も飲みながら、ドロドロにしたご飯も食べながら、がんばって飲み込んだよ。

何度も何度も咳き込んで、しばらく胸の苦しい感じを味わいながら。

 

その日の夜、ずっと胃が気持ち悪かった。

鶏団子が上がってきそうな感じだった。

吐けるなら吐きたいくらいだった。

これはきっと、ストレスで胃が気持ち悪かったんだろうなぁと思う。

 

今、固形物を食べることから逃げたら、もう本当に食べられなくなるかもしれない。

だからがんばって続けるけど。

なんとかストレス発散する方法、考えないとなー。

ずっと家にいるのもイヤだし、今日は1人で散歩に出かけたよ。

 

少し前までは、食べたいのに食べられないことがストレスで。

今は、無理して食べないといけないことがストレスで。

なんとかならないもんかな。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました