車椅子でバスに乗る

最近のこと

2024年1月4日

船旅をした時にバスに乗った。

行きは、何の事前連絡もしていなかったからと、バスの運転手さんにブツブツ言われた。

帰りは、フェリー乗り場の時点で、バスに乗ると伝えていた。

だからスムーズだった。

いや、それでも時間かかって大変そうだった。

 

まぁ、今回乗ってみて思ったのは、車椅子でバスに乗るって結構めんどうだ。

電車のように乗り込んで終わりではない。

バスの中では、車椅子が動かないようにしっかり固定される。

 

まず、ジャマになる座席をたたみ、車椅子を所定の位置に停止させる。

 

そして、前後から3か所、車椅子を固定させる。

 

この、固定させる作業が毎回大変そうだ。

長さが足りないのかギリギリなのか。

なかなかうまくいかなくて、必死になっていた。

そして最後は、車椅子に乗っている人にもシートベルトを締める。

 

ここまでしないといけないのかってくらい、しっかり固定する。

そりゃ運転手さんにブツブツ言われるよ。

めちゃくちゃ大変そうだもん。

 

空港のシャトルバスでは、こんな固定はしていなかった。

短時間だっていうのもあるんだと思う。

電車に乗るような感じで乗り込むだけだった。

 

 

空港のシャトルバスでひとつ思い出した。

カナダから帰ってきた時、シャトルバスに乗った。

そしたらカナダから持って帰った車椅子、ブレーキかけていたのに横滑りしたよ。

車椅子を押してくれていたおじさんと一緒に、かなり驚いたのを覚えている。

車輪に溝がないって怖いなぁ。

こういうこともあり得るから、普通のバスではしっかり固定されるのかな。

 

でも、この固定するという作業によって、バスの発車時間はかなり遅れるよね。

なんか、車椅子でバスには気軽に乗れないなぁと思ってしまう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました