とろみ食と注入

最近のこと

2024年1月12日

朝食前に、初めてお腹を見る。

ガーゼいっぱい。

ちょっと血のついたカテーテル。

実物触ったことあるのに、自分のお腹につくとちょっと大きく見える。

 

今朝から食事再開。

入院初日の流動食がダメだったから、今回からとろみ食になった。

お粥、味噌汁、ヨーグルト、それぞれ30g。

たったこれだけ?という見た目なのに、あんまり食べられなかった。

すぐに胃が気持ち悪くなって。

まぁ、昨日絶食で胃に穴が空いたんだから仕方ない。

でも、味は美味しかった。

 

その後、看護師さんが胃ろうの注入キットを持ってやってきた。

まずは、看護師さんが見本を見せてくれ、それぞれを接続できそうかやってみる。

ポンプ式のやつ以外は、なんとかできそうな感じ。

シリンジが一番お手軽そうに感じたかな。

液体を入れて上から吊るす、点滴みたいなやつは、工程が多くてめんどうなイメージ🤣

でも、一度は経験してみたいかな。

 

PR

 

お昼ご飯。

一気に品数が増えた。

 

そして、どれも美味しいんだよ。

でも、食べ進めるにつれ、だんだん喉に溜まってきて、咳き込みたいけど咳き込んだらお腹痛いし。

飲み込むのもしんどくなってくる。

うまく咳き込めずに耐えていると、ちょっと息が上がってしんどくなってくる。

 

看護師さんが覗きに来た時には、ほとんど手付かずのご飯放置で、ちょっとぐったり気味🙃

事情を説明したら、先生に言って痛み止めを持ってきてくれた。

 

そして、胃ろうから初注入!

カテーテルの蓋を開け閉めされる時、ちょっと痛い。

痛み止めは水で溶かした状態で、シリンジを使って注入された。

まぁ、これくらいだと何も感じない。

 

20分くらいしたら効いてくると思う、と言われたけど、咳き込むとやっぱり痛かった。

体幹を動かすと痛かった。

その後、水分補給のつもりで少しだけコーヒーゼリーを食べて終わった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました