ほぼ全介助のお風呂

最近のこと

2024年3月15日

入院4日目-3

 

今日、リハさんに言われた。

「10キロ落ちる前から、元々細身の筋肉質だったんでしょ?落ちる脂肪が大してなくて、筋肉でそれだけ落ちたら、そりゃしんどいよ」

 

あんまりそこまで考えてもいなかったけど、言われてみればそうだ。

同じ10キロ落ちるでも、脂肪が落ちるのと筋肉が落ちるのでは、全然違うと思う。

そんなこと言ってくれる人、今までいなかったな。

 

ここの病院で働く人たち、みなさん勉強熱心なんだそうで。

リハスタッフや看護師でも、大学院に行って勉強してたり、そこらの若手医師より知識豊富なんだとか。

 

ちなみにこのリハさんも、シングルマザーで高校生の息子を私立にやりながら、自分も大学院生だ。

すごいなー。

 

 

私の手。

何もしないと、手のひらというか指の付け根あたりが硬くなっている。

押されるとちょっと痛い。

 

でも、少しずつ揉みほぐしていってもらうと、少し柔らかくなる。

だから、指が手のひらにつくようになる。

 

今日は1日調子が悪かったから、手を触った瞬間に

「あ、今日はダメな日だ。もうわかるようになってきた」

と言われた。

 

完全脱力にならなくても、調子の良し悪しで、いろんなとこに影響が出ていたんだな、と改めて知る。

いつも普通に食べられるヨーグルトを、問題なく食べられるか、というのもひとつの指標だし。

普段、そこまで気にしながら生活してないしね。

 

 


昨日、今日とお風呂に入った。

お風呂といっても、シャワーだけだけど。

 

初めてこの病院のお風呂見たけど、まぁなんて広いこと。

これは、どうがんばっても1人では入れない😅

 

脱衣所で服を脱ぎ、車椅子でシャワーの前へ。

そこで、手すりを持って立ち上がり、お風呂用のイスを用意してくれる。

 

介助に入ってくれたおばちゃん。

母親と同じ歳だった。

そして、彼女の息子さんは、私と同じ歳。

彼女は、お風呂に入れるプロらしい。

 

基本見守りだけのはずが、見てられなかったのかな。

結局、洗うのも拭くのも乾かすのも、全部手伝ってくれた。

「家帰ったら全部1人でやらないといけないんだし、ここでは楽しなさい」

とのこと。

 

若い看護師さんではなく、ここまで歳の離れた人だから、何も気にせず任せられる。

ま、実の母親に介助に入ってほしくはないけど。

 

週末は人がいない。

だから、検査で忙しかったし、しんどかったけど今日もお風呂。

週末は、介助入れる人いないと思うし。

入れる時に、スッキリサッパリしておきたい。

 

このおばちゃん、来週水曜日までお休み取ってて、今度来るのは木曜日だとか。

「まだいてるでしょ?私が帰ってくるまで待っててねー」

「たぶん、まだいてると思います。はーい、待ってます。いってらっしゃい」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました