ついにエンシュアを処方してもらう

最近のこと

2023年10月25日

作業療法が終わったのは11時半くらい。

そして、精神科の診察は12時半からだった。

 

時間がある!と思い、急いで整形に向かう。

整形の受付で、装具技師さんに会いたいと伝える。

いつもの装具技師さんはいなかったけど、もう1人の人がいたから、その人と話をした。

左足の親指が痛い。

装具でなんとかならないだろうか、とリハさんに言われた。

 

親指の下に三日月型のクッションを置いたりできなくもないけど、余計に曲がっていってしまう可能性もある。

あとは、装具の足を置いているプレートを熱で少し曲げてしまうか。

でもたぶん、そういう問題ではないだろう、と。

結局、装具でなんとかするのは難しそう、ということで終わった。

 

装具をつけたままずっと座っていると、脛の骨が痛くなる。

クッションをつけてもらったけど、やっぱり痛い。

その話もすると、少しクッションの位置をズラしてくれた。

 


精神科の診察。

まず最初に言われたのは

「ほんとにカナダ行ってきたの?」

だった🤣

「ほんとに行ってきましたよ!」

 

それからカナダでの話をする。

食べられるものがなさ過ぎて困った。

神経内科を受診したけど、結局何もできずに帰ってきた。

ちなみに、これも見せた。

 

得られたものは、perking permit だけ。

日本の駐車場事情についても話した。

モラルの問題。

 

早く日本に帰ってきたかった。

 

そして、エンシュアを処方してほしいという話をした。

「大キライだけど、エンシュア出してください。」

色々話し合って、とりあえずエンシュアHを20本処方してもらうことになった。

医大から味の指定をすると、2種類くらいしかない。

でも、味の指定なしにすると、薬局で選べるようになるんだとか。

 

そして、今度実家に帰るから、その機会に地元の医大(全ての始まりの地)に行ってみようと思っている話もした。

何と期待はしてないけど、少しでも行ってみようかなと思ったから。

それで行かないと、あとで後悔するだろうから。

それに、神経内科でなくても、そこから耳鼻科や消化器内科を紹介してくれるのでもいい。

もう手足はどうでもいいから、ご飯を普通に食べられるようになりたい。

 

「場合によっては、そのまましばらく向こうにいる可能性もあるの?」

「そうですね。もしもうちょっと調べてくれるのであれば、実家だしそのまましばらくいると思います。」

 


診察が終わり、少ししてからカウンセリング

まずは、似たような話をした。

あとは、カナダにある間、彼と毎朝散歩に行って、色々話したこと。

今後についての話など。

そして、今回エンシュアを処方してもらった話と昔のトラウマの話。

24歳の時にエンシュアを処方してもらったことがある、という話をしたら驚いていた。

先生と話した時には、大したリアクションもなかったのに。

 

そこから、24歳の時の話を色々した。

なぜ、エンシュアを処方されることになったのか。

1日20時間近く寝ていたり、2回くらい外で倒れたり。

栄養失調だと言われて、エンシュアを30日分(全てストロベリー味!)出され、しかも温めて飲めと言われたこと。

甘ったるくて、薬品の味がして、それを温かくして飲む。。

今でもいちごミルクは避けたくなる。

そして、当時エンシュアを処方した先生がその後、私の彼に

「あのALSの子どうなったの?」

と言っていたらしい話。

 

色々話をした。

「今はもう手足はどうでもいい。とにかく食べられるようになりたい。最近は、お粥も食べられなくて、ブレンダーでドロドロにしている。

これは、カウンセリングでどうにかなると思ったりしません?

心理士さん、少し悩んでから

カウンセリングでその問題は、どうにもならないと思います。今までそういう人を、見たことも聞いたこともないので。」

 

そうかぁ。

カウンセリングでどうにかなる問題じゃないんだなぁ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました