もしかしたらこの先生は、私の長年の疑問に答えをくれるかもしれない。

最近のこと

2024年4月3日

血液検査の速報を見せながら、先生が言う。

「今、どれくらい水分摂ってる?」

「薬の注入とちょっと、、くらい」

「入院中も思ってたけど、ちょっと脱水気味なんだよね。イノラスにも水分は含まれるけど、もっと水分摂ってほしい。あと、イノラスだけだと塩分が足りないから、ちょっと塩を足して」

だそうだ。

 

塩分が足りてなくても、しんどくなるそうな。

イノラスの追加より、水分の追加のほうが難しくない。

 

「無理に口からでなくてもいいから、もっと水分入れて。おしっこで出るだけでなく、これから汗もかくし、もっと脱水になりかねない」

水分1Lくらいを、こまめに入れろってさ。

 

「がんばれる?」

「。。はい。がんばります」

「なんか、イヤそうやなー」

イヤなわけではないよ。

がんばりますさ。

 

しゃべりながら脚の皮膚を触ってたのは、脱水のチェックだったのかな。

「痩せたのは肉か水分か。。」

なるほど。

水分量が足りないだけでも体重は減る、か。

どちらで体重が減ったんだろう。

 

 

聞きたいこと、言っときたいことはないかと言われた。

だから聞いてみた。

 

最近のことではないけど、ずっと疑問に思っていたこと。

 

19歳の膝の手術の後、じゃあ杖なしで歩いてみましょう、と言われて歩いたら、まともに歩けなかった。

真面目に歩こうとしているのに、綱渡りしているかのように、うまくバランスがとれなかった。

 

数年前、歩こうとしたら、くるくる回ってしまって、真っ直ぐ歩けなかったことがある。

めまいとかじゃなくて、とにかく真っ直ぐ歩けない。

 

これらって何だったんだろう?

 

先生曰く、耳に問題があっても、そういうことは起こるらしい。

悪い側に体が回っていくそう。

 

なるほど。

数年前のやつは、左にばっかり回っていた。

左が弱いし、一時的にそういうことがあったのかな。

 

「実際にその時を見ていないから、ハッキリとは言えないけど」

「そりゃそうですね」

 

もしかしたらこの先生は、私の長年の疑問に答えをくれるかもしれない。

ちょっと、そう思った。

 

 

 

PR

 

 

次回の予約について。

引っ越しのタイミングがあるからどうしよう。。

4月30日に出発、5月1日に到着予定だ。

 

「新しい薬出してるし、様子見るためにも早めに来る?それとも、引っ越しで力尽きてる頃にする?」

 

その他書類の都合も考えて、早めに来ることにした。

次回外来は、4月17日(水)

この外来が終わり次第、空港に向かうことにした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました