久しぶりの飛行機移動

最近のこと

2024年4月17日

神経内科のあと、そのまま空港へ向かう。

引っ越し作業のため、久しぶりに自分の家に帰る。

 

空港の駐車場で、まさかのいきなり障害者手帳の恩恵を受けた。

駐車券を取るところに張り紙があった。

 

障害者割引を使う方はインターホンを押してください

 

インターホンを押すと、人が対応してくれた。

手帳をインターホンのカメラに見せる。

それだけで、割引された駐車券を出してくれた。

 

身障じゃなくてもいいんだ😳

どれくらいの割引になったのかは知らないけど、いきなり手帳の恩恵を受けられてびっくり。

でも、ありがたい。

 

 

駐車場からの移動中、スロープがあった。

それまでは母親が、スーツケースと車椅子を両方押してくれていた。

でも、このスロープはちょっと大変。

自分でバックで行くよ、とかあれこれやり取りをしていたら、見知らぬ人が助けてくれた。

スロープを上って、エレベーターの前まで車椅子を押してくれた😃

 

 


チェックインは、お手伝いの必要な方カウンターへ。

チェックイン時に、手帳を見せると思っていたけど、何も言われずに終わった。

見た目で判断されたのかな?

 

荷物を預け、車椅子を乗り換え、ちょっと待つ。

空港の人たちが、電話でやり取りをしていた。

若い男性の方がなんちゃら、と話していた。

 

そのあと、私の元にやってきて

「ちょっとチケットを拝見してもよろしいですか?」

母親と一緒に笑った🤣

 

おばあちゃんたちに「お兄ちゃん」呼びされることはよくある。

でも、空港の皆さん、けっこう若い女性たちだったよ?笑

しゃべっても気づかれなかったとは。

楽しいなぁ😃

 

まぁ、ちゃんと男女をわかってないと、ボディチェックでお互いに困る。

 

 

飛行機に乗る時はバス移動だった。

バスに乗ったら、まさかの1人。

他のお客さん、誰も乗らないんだね。

 

バスを降りたら、車椅子の車輪を外す。

車輪だけが外れてびっくり。

そして、車輪を外しても問題なく動かせる車椅子、すごいな。

 

飛行機へは、リフトに乗った。

車椅子一台と介助してくれる人1人しか乗れない、めちゃくちゃせまいリフト。

初めてのタイプだった。

 

何度も切り返しながら、飛行機の入り口と繋げる。

飛行機の中も、この車椅子のまま座席まで。

うまいことできてるなー。

 

座席に座ってすぐくらいに、他のお客さんたちもバスで到着、乗り込んできた。

早いなー。

私を乗せるのに時間がかかったんだな。

 

 

飛行機の中で、りんごジュースをもらった。

そして、シリンジで入れた🍎

 

空港にいる時くらいから調子悪くて、水分を入れたかった。

こそっとやればいいかな、と思ってたんだけど、隣いなかったし、近くに人が少なかった。

だから、普通に堂々と入れた。

 

別に問題ないよね?

皆さんと入り口が違うだけで、普通に水分補給してるだけだ。

 

さすがにコップ一杯全部は無理だったから、シリンジに入れてキャップしておいた。

この残りのりんごジュースは、空港から家までの車の中で入れきった。

 

外出の機会が増えると、水分補給の方法に悩む。

このあたりは、現在試行錯誤中。

今回みたいに、シリンジとチューブを持ち歩くか。

 

この場合、コップが必要なんだなぁ。

小さなコップも持ち歩くか。。

 

最近考えているのは、懸濁ボトル。

懸濁ボトルをうまく使いこなせるようになれば、もっと便利だろうなー。

 

液体を溜めておけるし、フタもできるし。

練習してみようと思う。

 

 

とりあえず今回、久しぶりの飛行機移動はできた。

でも、めちゃくちゃ疲れた。

 

長時間座ってるって時点で、しんどいんだよね。

長旅はきついな。

現時点では、カナダに行ける気はしない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました