国民健康保険限度額適用認定証の恩恵

最近のこと

2024年1月26日

薬剤師さん、栄養士さんとの挨拶やりとりが終わって少しした頃に、母親がやってきた。

会計が上がってくるのを待つ間、先に荷物を運んでもらう。

 

その間、というか朝から何度も、掃除のおばちゃんを探す。

昨日聞いた時、ちゃんと今日も出勤だと言っていたから、どこかにいるはず。

でも、いざ探すとなかなか会えない😅

 

そうこうしている間に、会計がやってきた。

やばい、もう全部すること終わってしまった。

 

そう思いながら部屋の外に出ると、掃除のおばちゃん発見!

「いたー。いざ会いたいと思うと見つからない。探してたんですよー」

「ごめんなさい。さっきまで向こうの病棟にいたんです」

「今日やっと、そこそこキレイな朝日見れたんですよー」

 

そこからしばらくおしゃべり。

「本当にありがとうございました。おかげで気持ちのいいデイルームも知れたし、朝日を見るという楽しみもできました」

「こちらこそ、毎日おしゃべりできて楽しかったですよ」

 

そのあと、看護師さんに声をかけ、忘れ物がないかの最終チェック。

看護師さんと掃除のおばちゃんに改めてお礼を言い、病棟を後にした。

 

今回は、本当にいろんな人にお世話になった。

相変わらず、いろんな人と仲良くなれた。

 

正直言って、今回の入院はある意味で一番大変だった。

処方してもらった痛み止めを使い切って足りなかったくらい、お腹が痛かった。

無理矢理胃にものを入れ続け、ずっと吐きそうに気持ち悪かった。

あまりにもしんどい時は寝ていたけど、極力寝ないように、座っていることを心がけ。

気持ち的にも身体的にもいろいろあった。

いろんなことがあったけど、皆さんに助けられたなと思う。

 

 

PR

 


会計にて。

今回の入院、この国民健康保険限度額適用認定証の恩恵をめちゃくちゃ受けたなと思った。

今は、この適用区分が変わったのもあって、前回よりかなり安く済んだ。

 

入院日数は、前回より1日長い17日間。

そして、今回は手術もしたし、薬もあれこれ処方してもらっていた。

それなのに、前回の半額くらいだった。

 

すごいな。

これは、活用しないともったいない。

使えるものは何でも使わないと。

知らなかったら、かなり損していたなーと思わされた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました