放射線科

自分のこと(過去の話)

2023年3月1

胸と腰のMRIを撮りに放射線科に行ってきた。
MRIを撮るためだけに、初めての病院へ。私にとっては初めての経験だったけど、こういうことってけっこう普通にあるらしい。

今回は、パートナー不在のため、1人で病院に行くつもりだったけど、Cさんが一緒に来てくれた。
というか、連れて行ってくれた。

 

病院に着いて受付をし、放射線科の前で待つ。
名前を呼ばれ、MRI室の前へ移動。身長、体重、体に金属が入っているか等聞かれる。更に20分ほど待つ。

そして、ようやくMRIを撮る部屋へ。
入り口入ってすぐの椅子に座り、生年月日等の最終確認。
その後、なんとびっくり。
すぐ横までベッドが運ばれてきた
今までは、どこの病院でも歩いて撮影の台に乗っていたのに。借り物の杖で歩くのは大変なので助かった。

結局、胸と腰、どっちから撮ったかは忘れたけど、バンドで軽く締めた状態で撮影。
以前の経験から、マスクは外させてもらった。膝下に枕を入れた状態で寝る。ありとなし、どっちが良いかと聞かれたけど、時間によるところがあるから、とりあえず枕ありの状態で。

最初の撮影。おそらく20分くらい。終わる頃には、両方の手足が痺れてきつかった
1つ目と2つ目の間で休憩を入れてくれて助かった。
1度体を起こして座って休憩。右の手足は少し動かす。

その後、膝下の枕はなしで2つ目の撮影。前回より体勢に気をつけて寝る。
なんとか無事に撮影が終わり、起き上がる。そのまま動けなくならなくてよかった。

 

ちょっとフラフラになりながら退出。足はほとんど上がってなかった。2つ目の撮影のあとは、最初より痺れはマシになっていたと思う。

撮影時間は、合計1時間くらいかな。Cさんには、「思ったより長かったねー」と言われた。

 

会計を済ませ、撮影したMRIのデータを受け取り、終了。

Cさんに家まで送ってもらって無事帰宅。

夜は疲れていたのか、眠かったから9時前に寝た。
思いっきり寝汗をかいて、翌朝9時半頃起床。

MRIなんて基本寝てるだけなのに、疲れるんだなぁ。

 

今度、月曜日に整形にこのデータを持っていく。

それまでに中身を見るか、悩み中。。

 

前の記事

次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました