本来は、入院中に教えてもらうそうな。

最近のこと

2024年4月26日

今日も先週に引き続き、看護に同行という形でPTさんが来てくれた。

 

まずは寝た状態で、手足を触って動かしてくれ。

 

そのあとは、座ったり立ったりの練習。

 

車椅子への乗り移り練習

この大きな座椅子から、車椅子への移動方法。

 

座椅子の足元に車椅子を置き、動かないように後ろは壁。

右膝をつきながら、乗り降りする。

 

この発想はなかったなぁ。

右膝をつくことによって、右腕の負担が減る。

 

 

立ち座り練習

車椅子に座った状態からの立ち上がり。

杖を使って。

 

立ち上がったら、今度はゆっくり座る。

これが大変。

 

PTさんの助けを借りながらも、最後は力尽きて降りる。

座った時に、右足が浮いてるっておかしな話だ🙃

 

大変なんだよ。

そして、やり過ぎたら、また動けなくなるし。

 

 

ベッドと車椅子間の移動

今ここにベッドはないけど、新居ではベッドになる。

だから、それに向けた練習。

 

今後、室内ではキャスターのついたイスだ。

気をつけないと動いてしまう。

 

真上からイスに座るように。

斜めに入ると危険だ。

 

ベッドの柵を持って、しっかり立ち上がってから動く。

ベッドとイスの高さは、同じくらいがいい。

 

 

起き上がり

前回、OTさんとの起き上がり練習その後の話を知っている。

だから、ここに関しては、自分のやりやすいほうでいい、ということになった。

 

というか、今後は電動ベッドだ。

自力で起き上がる必要がない🤣

 

 

多目的トイレの移動

外でトイレに行く時は、多目的トイレを使う。

いつも勢いで移動しているけど、どうするのがいいか、聞いてみた。

 

まず、トイレに向かって、右斜めの位置に車椅子を停める。

向かって左側(トイレに座った時に右側になる方)の手すりを持って移動する。

車椅子に座った状態で手すりを持つ。

 

今までは、車椅子から立ち上がって、その後勢いで、座った時に右側になる手すりを掴んでいた。

たまに、掴み損ねそうになることもある。

勢いでなく、確実に手すりを掴んでから移動する。

 

車椅子の停止位置は、トイレの広さにもよるけどね。

 

 

普通はこれらのこと、入院中に教えてもらって、マスターするんだってさ。

そんな機会、なかったからね。

仕方ない🙃

コメント

タイトルとURLをコピーしました