胃瘻のス・ス・メ☆

最近のこと

2023年11月15日

色々検査を終えて、改めて先生の診察。

先生曰く、

「最初の検査(STさんとやったやつ)の時点では、ちょっとよくないかなーと思ったけど、造影剤で見る感じではちゃんと飲み込めてた。1度も誤嚥してなかったし、大丈夫!食べられるよ!」

とのこと。

 

STさんとの検査の結果。

呼吸や嚥下に関連する筋肉の力がめちゃくちゃ弱い。

高齢者以下の数値だったそうな。

息を吸ったり吐いたりするやつも、数値がかなり低い。

ちなみに吸うほうは、計測できずと書いてあった🙃

 

今の食事(ドロドロご飯とかエンシュア)に、少しずつでいいから固形物を入れていってほしい。

1日1回、シュウマイ1つとかでいいから。

咳込むかもしれないけど、それもリハビリと思って。

咳込めるのはいいことだから。

 

耳鼻科の先生にも言われた。

「私たち2人も応援してるからがんばって!」

そう言われてもな。

今までも色々がんばってきたんだよ。

そんなにがんばれるか、ちょっと自信ないな。。

 


そして話の中で、嚥下の先生にびっくりするようなことを言われた。

それが、胃瘻の勧め

今の栄養状態が続き、その状態でリハビリをすると、筋肉から落ちていく。

せっかく使えている右側の筋力が落ちるともっと動けなくなる。

免疫力も落ちてしまう。

 

今は幸いにも、車椅子で座っていることができている。

でも、今後筋力が落ちて寝たきりになってしまったら?

そうなってから胃瘻では遅い。

 

まずはとにかく、しっかり栄養を摂ることが大事だ。

これ以上痩せないようにしないと。

胃瘻は、ある程度元気なうちにしておいたほうがいい。

逆にいうと、元気なうちでしかできない。

手術をすることになるわけだし。

そして、必要がなくなれば、取ってしまうこともできる。

胃瘻をしていても、口から食べることはできる。

積極的にリハビリもしていくことができる。

リハビリをしっかりやっていくために、まずは胃瘻によって栄養を補っていく。

積極的な理由での胃瘻だ。

もうどうしようもなくなったから、最後の手段として、というような消極的な理由ではない。

 

原因が分からないにしても、今現在私の体は悪くなり続けている。

確かに理解はできる話だ。

そして、これには耳鼻科の先生も賛成していた。

2人揃って胃瘻を勧めるのか。。

 

最近、食べる量が減っている。

食べられないが続いたせいで、胃が小さくなっているんだろうな。

お腹すかなくなってきた。

すぐお腹いっぱいになる。

胃や腸は、使わないとどんどん働きが悪くなっていく。

筋肉も内臓も、使わないと機能は落ちていく。

エンシュア1本すら飲みきれていない状態だし。

もちろん、エンシュア以外のものも口にしてはいるけど、カロリーは全然足りていない。

 

ちなみに、、胃瘻のチューブを見せてもらったよ。

短いチューブ。

全長7cmくらい?

タンクの栓かなって感じ。

柔らかいチューブだった。

そのままでお風呂に入ったりもできるそうな。

 

胃瘻はイヤだなー。

体に傷をつけるのはイヤだなー。

手術はイヤだ。

手術をしてから悪くなった人だし。

でもまさか、胃瘻を勧められる日が来るとは思っていなかった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました