胃ろうで栄養摂取するのは仮の姿

最近のこと

2023年12月22日

嚥下リハビリから帰って、今度は薬局に行ってきた。

前回処方してもらったエンシュアの残り半分を受け取りに。

 

「年内、あと1回くらい処方してもらう必要ありそうですね」

「そうですね。来週また耳鼻科に行ってきます」

「また同じような感じでいいですか?」

「はい、同じような感じでお願いします。あ、この前のメロン、久しぶりに飲んだら美味しかったです。ナイスチョイス!」

 

エンシュアの話をあれこれしたあと、胃ろうの話をした。

「胃ろうすることにしました」

「個人的な意見だけど、私もそのほうがいいと思います。初めてお会いした時より痩せたと思うし」

「そうですね。約1ヶ月前。あの時より、数キロ痩せてます」

 

「胃ろうは仮の姿です。胃ろうしたあとは、口から食べるリハビリ、がんばってくださいね」

「そうですね。ある意味逃げ道を作るようなものだし、気をつけないと」

 

本当にそうだ。

今は口から食べることが大変である。

だから、うまく栄養が摂れていないわけで。

胃ろうを造ることによって、栄養摂取がある意味簡単になってしまう。

苦痛もなく、栄養を入れられるようになってしまう。

そうすると、胃ろうに逃げることもできてしまう

苦しい、しんどい思いをしながら食べる必要がなくなってしまう。

 

きっと最初は傷が痛むだろう。

お腹の傷が痛いから、咳き込みながら食べることが、もっと困難になってしまうかもしれない。

もう胃ろうだけでいいや、ということになる可能性もある。

これは前から思っていることだけど、気をつけないといけない。

 

胃ろうを使って栄養摂取をするのは、仮の姿である。

 

しっかり頭に刻み込んでおかないといけない。

私にとって、胃ろうでの栄養摂取は仮の姿でしかない。

一時的に必要だから頼るだけだ。

ずっとそのままでいちゃいけない。

 

「がんばって、としか言えないけど、がんばってね。応援しています」

「ありがとうございます。がんばります」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました