点滴!

自分のこと(過去の話)

2023年6月19日

朝起きても左腕は動いてなかった
だから、この状態を見せに、いつもの整形に行ってきた。

 

話を聞いて先生。

点滴してみるか。」

新しい試みが出てきた。

 

その前に、リハ室に行って、理学療法士さんに筋力テスト?をしてもらう。

「こんなんで歩いててこけない?」

「よく壁とかにぶつかります。」

「だろうねぇ。」

 

クロックスを履いているのを見て、そんなので歩いてたら危ない、靴を履きなさいと言われた。
いや、分かってるよ。
でも、靴の圧迫が辛くて履いてられないんだよ。

カポって履く靴とかって言われたけど、昔から靴探すの大変なんですよ。
合わない靴だと立ち上がることすらできない。
もっと安全に歩ける靴があるなら教えてほしい。
そんなの履いてたら足首捻挫するよって言われたけど、もうすでにずっと捻挫してる状態じゃないかな。

そんな話をしながらリハ室を出る。

 

また診察室に戻り、点滴してみようということになった。
とにかく何か試してみよう、と。

点滴は痛み止めらしい。
あとで調べたけど、ノイロトロピン注射液と生理食塩水の点滴だったらしい。

 

30分くらいかけて点滴。
こういうの久しぶりだ。

途中で、また理学療法士さんがやってきた。
腕のテストしてなかったからということで。
ほんとは座ってやりたいけど、と言いながら、寝たままの姿勢でテストする。

ちょっと力が入った。

「お、点滴が効いてる?」

とか言われながら。

「あんまり “腕が動かない” とか思わないほうがいいよ。意識しなかったら少し動いてる。」

「普段は腕が動いてなくても気にしてませんよ。腕が動こうが動かなかろうが生活できるようにしてるし。気にしたらよくない感じもしてるし。
ただ今回は、動かなくなったこのタイミングで見せてみたかったから来たんです。今まで、まさにのタイミングで誰かに見せたことがなかったので。」

意識せずに生活しようと心がけてるさ。
今さら、腕が動かない!って大げさに考えてもいないさ。
何年この体と付き合ってるか。
それでも、何度も何度も何度も、何年も何年も何年も何年も、この体の一部が動かなくなるを繰り返してるんですよ。
ちょっとイラッとしてしまった。

医大の臨床心理士さんなら、色んな人と関わって経験してるだろうから、しっかり話しておいでと言われた。

心因性だと言われたからには、とことん精神科で話がしたいんですよ!

 

点滴が終わって、診察室の前で待つ。
右肩回してみたり、左足触ってみたり、右腕の感じをみてみたり。

 
診察室に入ってから先生にどんな感じか聞かれた。

「ちょっと体が軽くなったような気がします。」

「少しでも変化があるようなら、これを続けてみてもいいかもしれない。」

 

それからまた、身障の話をした。(やっぱり今の状況では難しいよねっていう話)
まぁ、取れないならそれは仕方ない。
精神科でもらった名前で出すかどうかという話もした。
おそらく、これで取るのは難しいだろうけど、と。
てか、まだ出してなかったのね🤣 

 
転換性障害で身障が取れた例があるというのをネットで見た、でもやっぱり普通は難しいんだろう、という話もした。
機能性とかでは、証拠がないから難しいんだってさ。
まぁ、そうだろうねー。
それにしてもひどいなー。
この人生は、なんの嫌がらせなんだろうか。。 


もし今回無理でも、カナダで何か見つけてもらえれば、それでまた出せる。
カナダでの受診に期待、という感じだった。
何か出てくれたらいいな。
どうだろうか。

 

先生にも、理学療法士さんにも

「こけるなよー」

と言われた。
変にこけたら、それこそ大変なことになる。
気をつけまーす。

 

前の記事

次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました