これが全ての始まりだった

自分のこと(過去の話)

平成18年11月。

私は短大の1年生だった。

 

健康・スポーツ学科の生涯スポーツコースというところに所属していた。

子供の頃から走り回って生きてきて、なんとなく将来は運動・スポーツに関わることをしたいと思った。

学校の先生なんてタイプではないので、ジムのインストラクターとか、トレーナーのようなものを目指していた。

この日の授業は陸上で、棒高跳びをした。

何気に楽しみだったこの日。

何がどうなって怪我したんだろう。

 

↑ ちなみに、こんなすごいことはしていない。

 

まだ最初の練習段階で、棒を使って1mあるかないかのジャンプをしていた。

こけたわけではない。

誰かとぶつかったわけでもない。

普通に軽くジャンプして、普通に地面に着地したと思った。

 

ボキッ!

 

テレビの効果音にあるような音。

はっきりと聞こえた。

そして膝に激痛。

めちゃくちゃ痛くて、その場からしばらく動けなかった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました