平成19年2月6日 手術日

人生初の手術の日。

母親が私の膝を見ながら言った。

「あぁ、この膝に傷がついちゃうんだなぁ。」

 

今までピアスしたりとかもなかったからね。

キレイな肌に一生残る傷痕。

 

昨日の夜は暑くてなかなか眠れませんでした…

何も飲めないのがつらいですね。

のど渇いた~

病院の他の人がご飯を食べているのを見ているだけというのも嫌ですね。

9時過ぎくらいからずっと点滴してます。

ー 中略 ー

あと約1時間…

 

手術室へは歩いて行きました。

点滴の棒を持って、先生と看護師さんと一緒に…

テレビで見るような手術室とはちょっと違っていましたね。

もちろん手術台にも自分で乗りました。

そのあとは血圧はかったり、心電図のパッドつけたりして…

いよいよ麻酔です。

最初は点滴に麻酔をまぜました。

頭がぼーっとしてきます。

次に麻酔のガスみたいなのを吸わされました。

そのガスを吸っていると咳がでました。

薬のせいだと言われたんですが、その時はこのまま死ぬんじゃないかってくらい恐かったです。

……………………

そのあとは覚えていません。

気がついたら手術が終わったあとだったみたいです。

4時間近く経っていたみたいですが、全然そんな感じがしませんでした。

ただ手術のあとは異様に寒かったです。

病院ではしばらく酸素マスクをつけられていました。

とにかく気分悪いのと眠いのと…

そんな初手術でした。

当時mixiに載せていた自分の日記より

当時の日記では、ずいぶんあっさりと書いてるけど、この麻酔のガス、本当に怖かった。

これは何なんだろう。

このガスで咳き込む人はどれくらいいるんだろうか。

 

そして、この酸素マスクもなかなかに息苦しかったイメージ。

ある程度覚醒してくると、酸素の量が合わなくなるのかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました