片手でできるプロダクト

工夫

2024年5月12日

PR

 

最近、姉からこんなものをもらった。

最初見た時、子供のおもちゃかと思ったけど🤣

これ、よく見ると、片手でできるプロジェクトと書いてある。

 

気になって、中を見てみたら、なかなかに面白いものがいっぱいあった。

いろんな理由で、片手しか使えない人のための自助具。

最近、どんどん左手が使えなくなっている私にはぴったりだ。

 

作業療法士さんが考えて作ったそうな。

アイデア商品がいっぱい。

試行錯誤の賜物だ😃

3Dプリンターで作ってるんだって。

 

ウェブサイトもあったから、覗いてみた。

 

私も、どちらかというと工夫してやるのは得意だけど、こうやって作品を作ることはないからなぁ。

ちょっと欲しいものもあったし、普段の生活で参考になるものもあった。

 

 

ちなみに、姉がくれたのは、ペットボトルオープナー。

 

最初はイマイチ使えないと思った。

というか、使い方がよくわからなかった。

 

よくあるペットボトルオープナーは、私には使えない。

基本ああいうのは、握力が弱くなってきた両手が使える人向けだから。

だからこれも最初は、そういう系かと思った。

 

キャップにはめても、うまくギザギザが噛み合わず、クルクル空回り。

そして、何がどう片手でできるのかわからなかった。

 

でも、しっかりキャップにオープナーをはめ込んで、1本伸びている棒を壁に押し付けて回したら開いた😃

ちょっとコツがいりそうな感じ。

 

あとで、インスタで動画を見つけた。

そしたら、こんな感じで開けるものらしい。

なるほど、棒に指を引っかけるのか。

使い方がちゃんとわかれば便利だ。

 

普段、ペットボトルを開ける機会はそんなになくなってきたけど(飲まないし)、こういうのがあると、人に頼まなくても開けられていいよねー。

以前は、レジで店員さんに開けてもらったりしていたなぁ。

 

これが使える代物だと知って、欲しいものができた。

似たようなオープナーだけど、ゼリー飲料とかのパウチを開けられるもの

 

1月の入院中に毎日出てきたこれ。

こういうのって、開けるの結構大変なんだよねー。

 

この水ゼリーなんて、どうがんばっても自力では開けられなかった。

 

これらをこのオープナーで、うまく自分で開けられたら嬉しいなぁ。

ぜひ試してみたい。

 

こういうアイデア商品。

もっと増えていってくれたらいいなー。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました