空港と車椅子 2

自分のこと(過去の話)

2023年5月23日

カナダの空港
全乗客が出てから車椅子とカートで移動。エレベーターの乗り降りで待ち時間が長い。
空港で車椅子を使う時は、時間にかなり余裕を持っておく必要性を感じた
一緒いる人が押す、または自分で勝手に移動させてくれたら早いのに。借り物でなく、自分の車椅子とかだともっと自由度は高いのかな?
入国審査は、カナダ永住権所持者なので問題なくスムーズに。
ここでも車椅子は最後乗り捨て。本来はどこに返すのが正解なんだろう。。

 

カナダの空港、日本へ。
チェックイン、荷物預けの後、専用のカウンターで手続きをして車椅子を借りる。搭乗券にWCHRと書いてあった。チェックインを機械でなく、カウンターでやっていれば、手続きはよりスムーズだったかも?
かなり早くに空港に来ていたから、車椅子を借りてそのままご飯食べに行ったりした。
ある程度の時間になって、手続きをした場所へ戻る。そこからは空港スタッフに運ばれる。
セキュリティ。まただ。杖で歩けるかと聞かれる。あたりを見渡すとcandy caneしかない。自分の杖なら歩けるけど、それじゃ無理と言う。1週間前に試したとこだし、今回は最初から断った。

お姉さんにボディチェックされる時、

「センシティブなところとかありませんか?」

と聞かれた。

「左足がセンシティブです。」

と言う。
最初からこうやって聞いてくれるとありがたい。痛い思いをすることなく、無事に終わる。

空港内を車椅子、カートで移動。長い距離を歩かなくていいから助かるけど、やっぱり自由がない。
飛行機に乗る前、搭乗口付近で待ってる時、トイレに行きたくなった。それを伝えると、誰か一緒にいるか、1人かと聞かれる。1人だと言うと、スタッフのお姉さんがトイレの前まで連れて行ってくれた。トイレすら1人で行かせてくれないのね。

 

成田空港
飛行機を出たら、名前の紙を持った人がいた。名前確認後、車椅子に乗る。
日本人のスタッフに運ばれるのは初めてで、少し緊張🤣こんなに無言なのも今までなかったなぁ。長い距離を静かに押してくれたよ、おじさん。
入国も荷物の受け取りも問題なく。大きなスーツケースを送ってしまいたくて、荷物を送るとこまで運んでもらった。車椅子を押しながら、大きなスーツケースを引っ張る。すごいなぁ。

 

↓これは羽田空港。

なんと、この車椅子は、このままセキュリティのゲートを通り抜けられる!

 

空港での車椅子

すごく助かる!

長距離を歩くことなく運んでもらえる。

体力めちゃくちゃ温存できる。

でも、空港内での自由度はかなり減るかも。
空港でお土産を買うというのは難しいかもしれない。

優先搭乗で並ぶ必要もなし。
飛行機には一番最初に乗って、一番最後に降りる。
時間に余裕を持つ必要あり。

多くの人の手を借りることになるけど、すごくありがたいサービスだった。
これから何度もお世話になるだろうなぁ。

 

前の記事

次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました