胃ろうで使う、それぞれの名称

最近のこと

2024年2月24日

この前、看護師さんから聞いた、それぞれの名称。

 

まず、これは栄養ボトル

水とか栄養剤を入れるボトル。

基本的には、液体しか入れられないっぽい。

このボトルは、600mlまで入るけど、今のところ50mlしか入れたことがない😅

 

この、栄養ボトルから繋がっている長ーいチューブを栄養チューブという。

 

いつも、お腹とシリンジを繋いでいるこれが接続チューブ

 

ちなみに、栄養チューブと接続チューブが繋がる。

 

栄養チューブについている、これがクレンメという。

このクレンメを調節して、液体を落とす速度を変える。

下に下げると閉める、上に上げると開く。

 

接続チューブについている、この白いのもクレンメというらしい。

これは、開けるか閉めるしかできない。

これは、ちゃんと閉めておかないと、胃の内容物が逆流してくる。

 

 

PR

 

 

ちなみに、これはお馴染みのシリンジ。

看護師さんたちは、カテチップと呼んだりもするそうな😃

 

もう、たったこれだけのことを知っているかどうかだけでも、全然違うと思う。

 

 

ちなみに、看護師さんに言われた。

「自分で栄養を入れている人も少ないですからね。だから調べても、どうしても専門的な表現ばかりになってしまうんだと思います」

 

確かに、聞いたことはある。

胃ろう知っている人で、自分で注入している人は少ない。

でも、いないわけでもないし、医療従事者でもない家族が注入するケースはいくらでもある。

 

「普通は、入院中に教えてもらえるんですけどね」

いやー、ほんと。

なんで、きちんと全て教えておいてくれなかったんだろう。

 

今更言っても仕方ないけど、やっぱり思うよね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました