胃ろう周囲からの出血事件。

最近のこと

2024年2月6日

夕方にシャワーを浴びて、注入しようと胃ろう部分を見る。

なんか、いつもより液体が出ている感。。

ティッシュで拭き取ろうとしたら、血が出てきた。

 

吸っても吸っても止まらない😅

数分は止まらなかったよ。

 

その間、近くにいた父親に、ガーゼかコットンを探してもらった。

ある程度出血が止まった頃に、コットンを発見し、持ってきてくれた。

 

コットンに真ん中あたりまで切り込みを入れ、皮膚とカテーテルの間に挟む。

まだ少し、血が滲んでいた。

 

いつも多少の液体は出ている。

かさぶたのように固まって、皮膚とひっついて、カテーテルを回すのが痛い。

そして、それによって、時々点ほどの血が出ることはあった。

でも今回は、ティッシュ1枚では足りなかった。

 

原因は、何となくわかっている。

カテーテル周辺の皮膚が、ちょっとペロっとめくれているような部分がある。

自分ではちょっと見にくい位置で、母親は「化膿してるんじゃないの?」と言っていた。

だから、そこから出血したんだと思う。

ちょうど明日、嚥下リハでクリニックに行くから先生に診てもらおう。

 

 

PR

 

 

出血がある程度おさまってから、Cさんに連絡をした。

ガーゼか何か、買おうと思っているけど、何がいいだろう、と。

 

しばらくしてから電話がかかってきて、話をした。

先生に言えば、軟膏を出してもらえると思う。

カテーテルと皮膚の間に、ティッシュで作ったこよりを巻くと良い。

ティッシュが、分泌液を吸ってくれる。

1日2回くらい交換すれば、清潔を保てる。

 

カテーテル周囲の皮膚に、プロペトを塗って保護する。

プロペトはないけど、白色ワセリンならある。

それでもいいと言われた。

 

ちなみに、コットンやガーゼは、外す時に痛みを伴う可能性が高いそう。

だから、今挟んでいるコットンを外す時は、水で濡らしながらのほうがいい。

確かに入院中、ガーゼを外す時は痛かった。

分泌液がガーゼと皮膚にくっついて、たまに少し血が出ていたし。

 

 

ということで、電話を切った後、早速やってみた。

まず、少し血の染みたコットンを外すのが痛かった。

コットンは毛羽立っているし、そのままでは外せそうにない。

水をつけながら、少しずつ外した。

 

そして、綿棒を使って白色ワセリンを塗り、ティッシュでこよりを作る。。

こよりって作ったことなくて、よくわからなかった。

2枚重ねになっているティッシュを1枚にし、端からくるくるっと。。

動画も見てみたけど、そもそもうまく手が使えていないし。

 

とりあえず巻いてみたけど、分厚いな。。

こよりになってない🤣

 

変に圧迫されて不快だったから、外して寝た。

明日、誰かにこよりの作り方を聞いてみよう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました