胃ろう造設の時

最近のこと

2024年1月11日

朝から絶食。

11時くらいから、ということでその少し前に看護師さんがやってきた。

体を拭いてくれて、着替えて。

点滴も開始する。

 

胃ろう造設は、内視鏡室で。

嚥下の先生もいたよ。

車椅子からベッドへの移乗に苦労する。

 

ベッドに移ってから、喉に麻酔をかける。

「この液体を喉に溜めて、少ししたら吐き出してください」

「咳き込むかもしれないですけど、大丈夫ですか?」

 

看護師さんが嚥下の先生に確認をとり、スプレータイプに変更となった。

麻酔のスプレーを3回くらい、喉に吹きかけられる。

そして、思いっきり咳き込む。

なかなか咳き込みがおさまらず、

「鎮静剤追加して」

という声までは聞いた。

 

 

そのあとは、気づいたら病室のベッドの上だった。

お腹に違和感。

 

あー、ついに胃ろうが造られたんだなぁ。

 

母親に声をかけられたのは覚えている。

母親がいるってことは、面会開始の午後2時を過ぎているということだ。

 

夜までほとんど眠っていた。

 

PR


夜、薬だけ飲みましょー、と看護師さんに起こされる。

自力では起き上がれないから、ベッドを起こしてもらう。

 

お腹に違和感。

漢方薬と半分に割ったタリージェをゼリーに混ぜて飲ませてもらう。

看護師さんがタリージェを手で割っていたのにはびっくりだった。

そんな簡単に割れるのか。

 

タリージェが喉に引っかかった。

思いっきり咳き込む。

そして、お腹がめちゃくちゃ痛む

咳と「痛い!」と喉の不快感でぐちゃぐちゃ。

咳が止まらないから、お腹もその度にめちゃくちゃ痛んで、けっこう泣いた。

看護師さんには、そんな泣かんでもー、とか言われたけど、今日できたての新鮮な傷は痛いに決まってるでしょう。

めちゃくちゃつらい時だった。

 

一晩中微熱で、途中アイスノンをもらった。

暑かったり、ちょっと寒かったり。

夜中は何度も寝たり起きたりを繰り返した。

寝返りを打ちたくてもお腹が痛くてあんまり動けない。

体がしんどかった。

 

とりあえず、体が動かなくならなくてよかった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました