退院後初の耳鼻科にも行ってきた

最近のこと

2024年1月29日

嚥下のクリニックで、母親が来るのを待っている時に、電話がかかってきた。

これから行く予定の耳鼻科から。

 

もう家出ましたかー?

待ち時間、かなり長くなりそうだから、明日とか明後日に来てくれてもいいですよー。

先生も私とじっくり話がしたいから、と。

 

普段だったら、火曜とか木曜に、1人で耳鼻科まで行っていた。

でも今は、1人でそこまで行く自信がない。

今日であれば、母親が送ってくれる。

今、嚥下のクリニックにいるし、今日このまま行きます、と伝えた。

 

耳鼻科に着いて、嚥下のクリニックからの手紙を渡す。

入院中の情報が入っている封筒。

耳鼻科の先生にも共有を、ということでしょう。

 

耳鼻科の先生にも、お腹見せてきた。

なんか、行くとこ行くとこでお腹見せてるな🤣

 

入院中は、いろんな人にお世話になった。

ある意味で、今までで一番大変な入院生活だった。

今は、ラコールと水の注入ノルマがある。

まだまだ、必要量には達していない。

そう簡単には摂取量を増やせるものじゃないのね。

 

ノートを見せると、コピー取らせてと言われた。

こんな情報、欲しいのね。

まだ数日分しかないけど。

 

「1mmずつでもいいから、注入量を増やせるようにがんばって。応援しかできないけど、応援してるから」

この先生は、とにかく応援してくれる。

 

そして、次の病院の話。

ちゃんと予約は入れておいてくれたみたい。

ただ、1月初めに取ったけど、最短の予約が2月末だったそうな。

まぁ、仕方ない。

とりあえず、話が進んでいないわけではなくてよかった。

 

次に行く病院の外来予約は、2月29日(木)

まずは顔合わせというか、簡単な診察とお話と、ということらしい。

だから次の入院は、3月に入ってからになるだろう、と。

 

退院してすぐまた入院、と思っていたけど、1ヶ月くらいあいてくれてよかったかな。

もうちょっと胃ろう生活にも慣れて、元気になってからのほうがいい。

今度は、検査&リハビリ入院と聞いている。

体力なかったら体がもたない😅

 

せっかく時間ができるなら、1回向こうに帰ってこようかな。

今度いつ帰れるかわからないし。

体と相談しながら考えよう。

 

 

PR

 

 

そしてやっと、筋電図等の情報をもらってきた。

地元の医大でチラッと見ただけで、きちんと見たことなかったし、手元に欲しかったんだよね。

 

ちょっと見にくいけど、筋電図のコメント。

 

そして、脳血流シンチグラフィのこれは知らなかった。

まぁ、特に何でもないと判断されて、説明をしてくれなかったんだろうけど。

医師からすれば何でもないような情報でも、全く異常なしではないのだから、きちんと伝えて欲しかったなと思う。

0と1は大きく違う。

これらの情報を取り寄せてくれた、嚥下の先生と耳鼻科の先生に感謝だなぁ。

 

 

耳鼻科の先生との話が終わり、母親の迎えを待っている間、ここの看護師さんと話をした。

「先生は、あなたのことをすごく心配して、自分であれこれ調べて動いてくれてるんだよー」

「知ってます。本当にありがたい。こんな先生、なかなかいませんよ」

「嚥下のクリニックの先生も、すごく優しそうな感じしてたけど」

「え?あの先生は鬼ですよ。私、いっつも説教されてる、怒られてる😅まぁ、根っこの部分では想ってくれているのかも知れないけど。。」

「えー意外。そんな風には見えなかったなぁ」

 

全然タイプは違うけど、2人共素晴らしくありがたい存在だとは思っている。

これだけは、間違いない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました