1ヶ月ぶりの神経内科

最近のこと

2024年5月15日

PR

 

「全部引き払ってきたの?」

「はい、全部引き払ってきました!」

 

引っ越しの話に始まったから、右腕を使い過ぎて起き上がれなくなった話をした。

「右腕が弱くなったら、それだけで。。」

「生活が成り立たなくなる」

「そうです」

「早めに入院して、前に言ってた治療する?入院したくない?」

「入院するのは全然問題ないです。動けなくなるほうが問題」

「まぁでも、難病が下りるのを待ったほうが、金銭的にはいいかな。何か連絡きてない?」

「5月2日に出したとこですからねぇ」

「まだ、そんなかー」

「住民票を移さないことには、何もできませんでしたからね」

 

この話の感じだと、思ったより早く難病のやつはもらえたりするのかな?

昨日の薬剤師さんとの会話でも、1ヶ月くらいで動きがありそうな感じだった。

 

「使い過ぎたら動きが悪くなる?」

「そうですね。だいたい、使い過ぎたらですね」

 

 

「そういえば昨日、久しぶりに嚥下リハに行って、そこで握力測ったんです。そしたら、16とかだったみたいで、ちょっとショックを受けました」

 

先生が、私の右手を触る。

「色悪いなー」

 

ほんとこの時、なぜか両手共に手の色が悪かった。

左右の手、腕の力をみる。

そして足も。

 

「栄養は?」

「昨日、初めてイノラス1日で4つ入れました!」

「その前は?」

「それまでは、1日3つは確実に。まだエンシュアが残ってたから、イノラスの代わりにエンシュアにしたりとかしてました。1日4回にしようとすると、外出した時難しくなるんで、あれこれ試してたら、昨日が初のイノラス4つになりました。朝1.5、昼1.5、夜1」

「なるほど。口からは?」

「イノラス4つにしたら、昨日口からは水ゼリーだけです」

「んー」

 

「イノラス3つで、基本お腹いっぱいなんです。そこに更に、1つ足してるんですよ」

「だんだん胃が慣れて、イノラス3つだけじゃお腹すく、という状態になって欲しいなぁ」

「まぁ、活動量が増えれば、そうなってくるかもしれませんね。あ、ちなみに、イノラス1つを1時間かからず入れられるようになってきましたよ!」

 

「おー。体重は?」

「引っ越しから帰ってきて、5月の初めに計った時で、約1キロ落ちてました。それ以降は、もう計るのやめました」

「そうか。とりあえず、しっかり栄養は入れてね。栄養が足りてないと、治療もリハビリもうまくいかないよ」

 

「最近、ジュースの美味しさがわかるようになったんです。こっち(胃ろう)からのほうが美味しく感じて、口からのほうが美味しさを感じない」

「ヨーグルトくらいでもいいから、口から食べて欲しいけどなぁ。飲み込むのが大変?」

「そうですね」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました