カナダから日本へ

最近のこと

2023年10月17-18日

遂に帰国の日

まずカナダの空港で。

Special Assistanceというカウンターでチェックインをする。

こんなタグが車椅子につけられた。

 

セキュリティのゲート。

相変わらずのやりとり。

 

「空港にある杖でゲートを通る時だけ歩ける?」

「自分の杖でなら歩けるけど、その杖では歩けない。」

Candy caneでは歩けない。

「スタッフが手を貸せば歩ける?」

「左腕も弱いからどうだろう。」

 

こんなやりとりをして、結局ゲートは通らず、直接体に触れてのボディチェックとなった。

今回は、車椅子も自分のを持ち込んでるから、余計にめんどうだったろうな。

 

そして、セキュリティでリュックを開けられた。

今回の私のリュックの中身😃

 

「あなた、子供と一緒なの?」

「違うよ。」

「これはあなた用?」

「そう。普通の食事がほとんど食べられないから。」

子供はいないよ🤣

 

これ、取られなくてよかったー。

そして、これは結局日本に着いてから飲んだけど、今までで一番美味しかった!

 


飛行機に乗り込む時、一段だけ段差がある。

最近、階段とかを上り下りすることもないし、一瞬どうすればいいか悩んでしまった。

使わない能力は落ちる。

今回、階段の上り下りが以前より大変になったと実感。

 

飛行機での約13時間。

あんまり眠くなかったから、ほとんど寝なかった。

映画3本観たけど、寝れたらもうちょっと時間も早く経ったろうなぁ。

 

機内食は、麺類だけ少しチャレンジしたけど、やっぱりむせた。

食べられたのはフルーツくらい。

飲み物と持ち込んだBaby foodたちを少し食べたくらい。

だからほとんど寝ても食べてもいない。

 

羽田空港に到着。

飛行機から降りる時、一段だけ段差があった。

皆さんに見守られながらなんとか降りて、車椅子に乗る。

もうここから自分の車椅子だった。

飛行機に乗る直前で預けて、降りたらすぐ乗れる。

 

飛行機を降りた時点から、車椅子を押してくれる人がいる。

その人と一緒に入国し、荷物を取り、シャトルバスで移動、そして乗り継ぎ先のANAの「お手伝いが必要な方」というカウンターまで送ってもらった。

長く一緒にいたから、その人とけっこうしゃべった。

健康のために始めたけど、この仕事(車椅子を押す)をしていると色んな人に出会えて楽しい、と言っていた。

車椅子も色々あるし人も色々。

前回、日本に帰ってきた時に成田で車椅子を押してくれた人は、ひたすら無言だった。

だから、それが普通なのかと思っていたけど、今回は長い待ち時間もあったし、楽しく会話ができてよかった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました