ちゃんと診断してくれる神経内科医に出会うまで、ひたすら探して行き続けなさい。

工夫

2023年9月8日

今日、カナダの理学療法士に会ってきた。

日本と違って、完全にドクターって感じだった。

こりゃ、それなりの権力持ってそうだ。

 

色々話をした。

立って、歩いても見せた。

 

・神経内科と診断

日本で調べたけど、今のところ何の診断も出ていない話をした。

何も出ないから、精神科に通うことになったことも。

基本的にMRIと血液検査で判断されて、筋電図すらしたことない。

 

これに対しての彼の反応。

精神的なことが理由で動かなくなることは確かにある。

でも、そういうのは一時的なものであって、そんなに長くは続かない。

筋電図は、動くかどうかを診るものだから、あなたの場合、どう見たって動いてないんだからやる必要がない。

ちゃんと診断してくれる神経内科医に出会うまで、ひたすら探して行き続けなさい。

 

これを聞いた私の感想は、

えー、診断出るまで行き続けるのー!?

 

・車椅子について

カスタムメイドの車椅子を政府が7割、自分が3割負担で買うことはできる。

でも、カスタムメイドの車椅子は、折りたたむことができないし、デカくて重いらしい。

折りたたみの車椅子は、健康保険で買うことはできない。

ちなみに、電動車椅子は、私の場合対象にならないと。

私は右手右足が動くので。

カスタムメイドはいいけど、折りたためないんじゃ困る。

今すぐ電動はいらないし。

とりあえず、ここでの車椅子の話はなしかな。

 

・Wheel-transについて

今回ここに来た1番の目的。

この彼でもレターは書けるらしい。

ウェブサイトにWheel-transのフォームがあるから、それで書いてもらえる。

でも、まずはFamily physician を見つけなさいと言われた。

今後、神経内科医を紹介してもらうためにも、何かあった時にいつでも相談できるFamily physician の存在は大事だと。

 

・駐車場の車椅子マーク

That’s easy. No problem!

これは一瞬で申請書を書いてくれた。

あとは、役所に提出すれば、すぐ使えるようになるらしい。

まずTemporary の物をすぐにもらえて、その後郵送されてくるとか。

あまりにも簡単でびっくりした。

実は、杖をついているだけでも利用できるらしい。

病名もいらない。

だから本当は、何年も前からこのステッカーはもらえたことになる。

ほんと、無知って損するんだなぁと思った。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました