これからのほうが覚悟いるらしい

最近のこと

2024年1月10日

10時半からの予約だった。

今日は看護師さんとではなく、STさんとリハビリ。

受付してすぐ、STさんがやってきた。

 

「今日のリハビリ、ちょっと始まり遅くてもいいですか?」

「どれくらい遅くなりますか?」

「多分20分くらいだと思います」

「じゃあ、大丈夫だと思います。このあと入院なので、それに間に合いさえすれば」

「そうですよね。ありがとうございます」

 

受付でずっと待つかと思いきや、いつもの看護師さんがやってきた。

そして、空いている部屋でおしゃべり。

 

「このあと入院だけど、気持ち的に大丈夫ですか?」

「大丈夫でーす。やるって決めたから、入院・手術そのものには全く不安ない。でも、ちょっと愚痴ってもいいですか?」

 

昨日の夜、これから入院する病院の看護師長さんから電話がかかってきた。

大部屋が埋まっていて、個室しか空いていない。

個室に入ってもらえないだろうか、と。

そこまではいい。

でも、その個室の料金は払ってくれと言ってきた。

おかしくない?

そちらの事情で部屋を変更するのに、こちらが差額ベッド代を払うって。

 

「えー、それはひどい」

「看護師長さんに文句を言っても仕方ないと思うんで、このあと副病院長に言ってやろうと思ってます」

「それは文句言っていいと思う」

 

その後、STさんがやってくるまで、あれこれ話をした。

 


STさんとのリハビリは久しぶりだった。

相変わらずのスパルタっぷりで🤣

でも今回、舌圧が上がった!

いきなり3.7くらいまでいった!

前回でも、やっと3.0だったからびっくり。

確実に成長している😎

ペコぱんだ効果!

 

そして、改めて言われた。

顔の左半分の動きが悪い、と。

今まであんまり自覚はなかったけど。。

頬を左右交互に膨らませると、自分でもよくわかった。

左を膨らました時に、口から空気が抜ける。

 


リハビリが終わり、診察室の前を通る時、先生に声をかけられた。

 

「明日、本当に手術していい?」

「いいですよ。もうするって決めたし。なんなら早くしてほしい。喉が渇いて仕方がない。満足に水分摂れないし、食べられないし。食べたらそのあと数時間、胃が気持ち悪い。トイレにも1日2回しか行ってないし、たいして出ないし」

「極限まで栄養吸収してるんだろうね。そんなのでエンシュア大丈夫?」

「エンシュアは、1日を通してチビチビ飲んでますよ」

「胃ろう造ったら、どんどん栄養入れていくよ」

「え?そんないきなりいっぱい入れるんですか?」

「IOCと同じようなペースで入れていく」

「じゃあ、同じように気持ち悪くなるのか。。」

「朝昼晩とエンシュアか何かを1本ずつ。本人のペースも大事だけど、そうは言ってられない時もある。そしたら、多少強引にでも入れていくよ。1回に2時間拘束されてたら何もできないでしょう」

「栄養入れてる時ってそんなに身動き取れませんかね?」

「2時間×3回で6時間。そんな栄養入れるたびに気持ち悪いとか言って寝てたら余計筋力も落ちる。やってるがんばってるって言ってるだけじゃダメ。文句や言い訳ばっか言ってないで、そろそろ気持ち切り替えないと。ちゃんとやっていけるの?」

「。。。」

 

これからのほうが大変らしい。

そして、食後の胃の気持ち悪さは、気合いや根性で乗り越えろ、ということか。

気持ちだけでどうにかなる問題か。

まぁ、ごちゃごちゃ言うなというなら、もう何も言わないさ。

今までは、何でも話しておいたほうがいいかなと思って話していただけで。

黙って耐えることくらいしてやるさ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました