もっともっと、感情的な話をしたかったくらい

最近のこと

2024年4月25日

精神科診察のあとは、少し待ってからカウンセリング。

心理士さんにも、まずはこの数ヶ月の報告から。

 

そのあとは、先生との会話よりも、より深く感情的な話をした。

体のことに対して、病名が出たことはよかった。

何でもないのに、動けない歩けないと言って車椅子に乗って、何でもないのに、食べれない飲めないと言って胃ろうをした滑稽な人、ではなくなった。

まだ、食べるほうに関しては、解決していないけど。

 

血液検査で栄養状態が、健常人よりいいと言われた。

食べなくても飲まなくても大丈夫な人なのか、と思った。

調子はめちゃくちゃ悪かったのに。

 

実は裏でコソコソ食べているんじゃないか、と言われたことがある。

そう思うなら、カメラでも仕掛ければいい、と反論した話。

 

拒食症なんじゃないか、と言われたことがある。

私は、量こそ食べないかもしれないけど、いろんなものを食べてみたい人だ。

料理するのが大好きだった。

痩せる趣味はないし。

ていうか、拒食症の人が、好んで胃ろうするだろうか。

この胃ろうは、新手の自傷行為なんだろうか。

 

食べれないと思い込んでいる、と言われたこともある。

いや、食べる問題が出だした頃、どれだけ試したか。

自分が一番、食べられないはずはない、と思っていろいろ食べてみた。

そして、何度も苦しんでしんどい思いをしてきた。

何度も何度も試してきた結果、どんどん食べられるものが減ってきた。

 

その頃に出会った人たちに何がわかる?

何も知らないくせに、勝手なこと言うな。

その当時の話をしようとしたら、その時に診てないから知らない、で終わる。

 

ちなみに、食べれないなんて言ってない。

食べるのが困難なだけだ。

物理的に通ることは知っている。

ただ、めちゃくちゃ苦しい思いをしないといけないだけ。

 

心因性という言葉が大キライだ。

仮にこの問題が心因性でもいい。

で、どうしたらいい?

 

何の解決にもならない。

自分のわからないことには全て、メンタルだ、心因性だという言葉を投げかけて終わらせる。

これ以上関わらなくて済む、素晴らしい言葉だ。

 

実家にいる間、素晴らしい人たちに恵まれたのは間違いない。

めちゃくちゃ感謝している。

 

でも、いろんな時々で人間不信になった。

自分自身すら、信じられなくなった。

 

いろいろ口出ししてくる、お節介が過ぎる母親が鬱陶しい。

何とか食べさせようとしてくる人が鬱陶しい。

 

強要されるのは大キライだ。

もう自分のペースでしかできない。

最近は、もう食べたくない、という気持ちが増してきた。

栄養は摂れてるんだからいいじゃん。

 

 


そういえば、今回出た病気のことについて聞かれた。

今後どうなっていく病気なのか、とか。

 

「病名が出たことに満足して、あんまり調べたりとかしてないんですよね。だから、よく知らない。興味ない。笑」

 

病名を伝えると、それについて調べた人たちがいろいろ教えてくれた。

一応、多少は自分でも調べた。

 

でも基本的に、あんまりもう興味がないってことに気づいた。

病名がもらえて、身障なりが出て、生活が少しでも楽になればそれでいい

 

もちろん、今より悪くなってほしくない、とは思う。

現状維持も難しいんだけどね。

 

先生に質問し忘れたことを、心理士さんに聞いてみた。

「私のような感じで、食べることに問題の出た人に会ったことがありますか?」

少なくともこの心理士さんは、こういう人に出会ったことはないそうだ。

 

心理士さんとも記念撮影してきた😃

 


心理士さんとの話が終わり、診察室を出ると、久しぶりのお友達と再会した。

この医大で入院していた時に隣のベッドだったKさんだ。

 

Kさんは、私が実家に帰ったきりの時、医大売店に注文していたおかず系ゼリーを代わりに買ってきてくれた。

そして、わざわざ送ってくれた

入院や手術の話もいろいろ聞いてくれた。

自分のことはいい加減なのに、人の心配ばかりしてくれる人だ。

 

今回は、医大受診のタイミングが一緒だった。

痩せたなーって言われたけど、それなりに元気な姿を見せられてよかった。

 

次に会う時まで、Kさんもそこそこ元気に生きててね、という意味を込めて、しっかり握手してきた。

短い時間だったけど、Kさんに会えてよかった😊

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました