口の中が甘いということは、少し逆流があるかもしれない。

最近のこと

2024年3月12日

入院1日目-2

 

お昼ご飯。

この病院に入院して、最初のご飯。

前回の入院時は、とろみ食ハーフだったし、全量のボリュームにびっくり。

 

一口ずつ味見したけど、見事に全滅したよ。

前回入院時と同じように、めちゃくちゃ咳き込んだ。

 

唯一いけたのが、ピーチジュース!

程よいとろみで、食べやすかった。

バナナジュースの次は、ピーチジュースなんだろうか🍑

ご飯はほとんど食べられなかったけど、エンシュア注入の前に食後の薬。

 

 

懸濁ボトル、初体験してみた。

看護師さんが、薬を懸濁ボトルで持ってきた。

 

実際に使ったことないし、イマイチよくわからなかったから、お願いした。

いやーこれ、片手ではできないよ。

両手使わないと、絶対に無理なやつだった🙃

 

 

栄養剤。

最初は、ラコールで用意しようとしていたらしい。

でも、ラコールは好きじゃないんだって言ったら、変えてくれた。

 

普段何使ってる?何がいい?って聞かれた。

エンシュアかイノラスって言ったら、エンシュアを用意してくれた。

何気に初の、250ml一気入れ。

 

まぁ、テキテキだからゆっくりだけど。

テキテキ、1秒で1滴落ちるくらいで普通らしい。

 

エンシュアを注入している途中でCTに呼ばれた。

呼ばれたくらいのタイミングで、けっこう咳き込んでたからちょうどよかった。

というか、自分で一旦止めてたし。

 

そして、お腹のCTみたいなことを言われたけど、お腹から下って感じだった。

あとで聞いたところによると、脚のCTを撮っていたらしい。

 

 

帰ってきてから、エンシュア再開。

咳き込んだ話をしたら、2秒で1滴くらいに調整してくれた。

 

当たり前だけど、めちゃくちゃゆっくり。

ちなみに、詰まって動かなくなってきたら、シリンジでフラッシュすればいいとのこと。

やっぱ、そういうもんなんだね。

 

テキテキしている途中で、また先生がやってくる。

液体をテキテキしていると、途中で思いっきり咳き込んだりする。

これは、口から食べていなくても、食事が胃に入れば唾液が出るから、そのせいかもしれない、と。

 

少し前に先生としゃべった時に、

「口の中甘い感じしない?」

と聞かれていた。

 

「さっきからずっと、口の中がめちゃくちゃ甘いです」

今までは気づかなかった。

 

でも、思い返せば、何かを入れるといつも気持ち悪いから、紛らわすために口に何かを入れていた。

だから、気づかなかったのかもしれない。

または、一度に入る量が多いからかな?

口の中が甘いということは、少し逆流があるかもしれない。

 

液体をテキテキは楽だけど、そういう意味でも半固形のほうがいいそうな。

時間も短くて済むし、逆流の心配も減るんだとか。

 

電動ポンプを、そのうち試させてもらえそうだ。

ただ、一気に入ってくるのがなー。

ま、何事も経験。

 

 

夕方から筋電図の予定だったけど、エンシュアを入れきって欲しいから、ということで、明日検査に変更になった。

とにかくまずは、栄養を入れて体重増やしてほしいらしい🤣

 

夜もエンシュア入れたけど、めちゃくちゃゆっくり落としてもらったのもあって、4時間以上かかった。

始めたのが遅かったから、終わったら11時半。

途中、座りながら寝てたよ。

 

ちょっと気持ち悪さと、口の中の甘ーい感じはあったけど、初の1日で2本クリア😃

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました