市役所行って、保健所行って

最近のこと

2024年5月2日

PR

 

昨日、最低限の引っ越し作業が終わってから、近所の支所に行ってきた。

そこで全ての作業が終わるかと思ったけど、できたことは住民票の移動・保険証の発行くらい。

 

この支所で、身障と難病の申請もできるかと思ってたけど、本庁に行かないとできないそうで。

ちなみに、難病の申請は、保健所に行かないといけない。

まぁ、支所に行ったおかげで、障害年金についても教えてもらえたから、よかったかな。

 

 


市役所本庁にて。

 

まずは、障害福祉課へ。

身体障害者手帳の新規申請をする。

事前に準備していたものを渡し、あっさりと申請完了。

 

 

国民健康保険課。

限度額適用認定証がほしかった。

保険証自体は、昨日新しいものを受け取った。

でも、この限度額適用認定証は、本庁で手続きしたほうが早いと言われていた。

だから、今日ここで。

 

申請したら、なんとその場で受け取れた。

この限度額適用認定証は、常に持っておきたい。

入院した時は、これがあるとないでは金額が大違いだ。

毎回、お世話になってます。

 

 

医療年金課。

昨日支所で、障害年金について話を聞いた。

もっと詳しく聞くために、本庁の医療年金課へ。

 

私の場合、全ての始まりは19歳の手術からだ。

今回、神経内科で書いてもらった難病用の臨床調査個人票でも、障害の始まりが2006年となっていた。

だから、うまくいけば、そこから遡って申請をすることができるそう。

 

そのためにはまず、

① その当時通っていた病院に診断書を書いてもらう。

② 今通っている神経内科で、その時の手術と因果関係がある、という診断書を書いてもらう。

③ 申請に関わるいくつかの書類を自分で記入する。

 

ちなみに19歳は、未成年だったし年金を払う年齢でもない。

だから、20歳以降から計算される。

受理されたとしても、年月が立ち過ぎているから、受給できるのは、遡れても5年前まで。

 

これが受理されなかった場合は、遡ることなく、これからの受給となる。

ま、確実に障害年金の対象となるかもわからないけどね。

 

ちょっと手間はあるけど、もらえる可能性のあるものは、何でも申請してみましょう😃

今まで、何もなかった人だからね。

 

 

最後にまた、障害福祉課へ。

精神の手帳の住所変更が必要なのを忘れていた。

障害福祉課に行って話をすると、新しい写真や申請書類がいろいろ必要だと言われた。

 

ちなみにこの市では、障害者手帳はカードタイプに対応していないそう。

手帳タイプは、かさばってイヤだなぁ。

これから2つ持つことになるのに。

カードタイプがよかった。。🙃

 

障害者手帳と一緒に、自立支援の手帳も変更しないといけないそうで。

説明を受けながら、申請書類をたくさん受け取った。

今後も時々、精神科に通うことにしたから、自立支援の手帳も必須だ。

 

ちなみに、自立支援の手帳があると、指定の病院精神科、薬局、訪問看護が1割負担で済む。

月当たりの上限もあって、それ以上の金額は支払わなくていい。

 

 


保健所にて。

 

難病の申請は、保健所だ。

神経内科の先生が書いてくれた臨床調査個人票を持って行く。

 

その場で申請用紙に記入をし、説明を受ける。

申請のプロセスや、おりなかった時の次の行動など。

 

そこまで時間かからず、あっさりと終わったかな。

 

 

さて、いろんな申請・手続きが終わった。

これらを早くしたかったんだ。

プロセスに時間かかるからね。

 

そして今回、新たに書かないといけない書類が増えたぞ。

精神の障害者手帳と自立支援の手帳の住所変更。

障害年金の申請。

 

少しずつ、でも確実に前に進んでいる。

病名がある。

この力のすごさを改めて実感した。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました