私のまわりには優しい人がいっぱいいる。

自分のこと(過去の話)

2023年6月15日

最近の嬉しかったこと。

 

大雨の日、外を歩いていたら、知らないおじさんが傘に入れてくれた。

レインコート着てたし、雨に濡れることは全然気にしてなかった。
ただ、滑らないように気をつけて、足元見ながら歩いていた。
そしたら、誰かが横で立ち止まる。
なんだろうと顔を上げると、傘をさしたおじさんが立っていた。

「この雨は、健常者でも大変だからねー」

なんて言いながら、私に傘をさしてくれ、同じペースでゆっくり歩いてくれた。
たぶん100mないくらいの距離だったとは思う。
すぐそこで、駐車場まで車を取りに行った母親が待っていたから。

母親からしたらびっくりだよね。
さっきまで一緒にいて、1人で歩いてたはずの自分の娘が、なぜか知らないおじさんに傘に入れてもらいながら歩いてきたら🤣

 

お先にどうぞと先に乗らせてくれた話。

バスに乗ろうとバス停で待っていた。
私はバス停に着いた3番目。
バスが来たから、順番に乗ろうと思っていたら、先に並んでいた女性が「お先にどうぞ」と言ってくれた。
お礼を言って先に乗る。
バスの乗り口に近づくのもゆっくりだし、バスって高いから乗り込むのも大変だし、ICカードをピッてするのもぎこちない。
後ろで待ってくれてありがとうございます。

 

交通整理をしていたお姉さんの声かけ。

郵便局に行ってきた。
途中で道路工事をしていた。
車道を歩くのは危険だし、歩道の通れそうなところを目指して歩いていた。
そしたら、そこで交通整理をしていたお姉さんが

「こっちは安全な道なので、通って大丈夫ですよー」
と声かけてくれた。

郵便局の帰り道。
また同じ場所を通る。
郵便局を出たくらいから、雨が降りだしていた。
するとお姉さん

「雨降ってきましたねー」

「そうですねー」

「ゆっくり、気をつけて帰ってくださいねー」

「はーい、ありがとうございますー」

こういうやりとりが楽しくて嬉しい。
お姉さんも濡れて風邪ひかないでね。

 

昔から杖ついてることも多いし、おじいちゃんおばあちゃんが話しかけてくることはよくあった。
最近は年齢関係なく、こんな感じのちょっとした気遣いをしてくれる人が多くなった。
見ず知らずの人たちとの、こういうやりとりが楽しい。
よく行くお店で、買ったものを私のリュックに入れて、さらに背負わしてくれる人もいるし。

 

世の中、優しい人がいっぱいいるなぁと思う今日この頃😆

 

前の記事

次の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました