4ヶ月ぶりの医大精神科

最近のこと

2024年4月25日

朝から医大。

精神科への、最後の報告だ。

 

駐車場の入り口で、Cさんが尋ねる。

「車椅子のとこ空いてますか?」

 

すると、駐車場のおじさん

「障害者手帳持ってますか?」

 

身障じゃないけど持ってます、と手帳を見せる。

手帳を見せると、駐車券をくれる。

これ、あとで知ったけど、駐車料金無料にしてくれてた。

手帳効果すごい😃

 

 


久しぶりの医大。

よく通ったから、ちょっと懐かしく感じる。

 

思ったより早く呼ばれて、診察室へ。

「お久しぶりです」

 

ここへは、4ヶ月ぶりだったらしい。

そういえば、12月に弾丸で帰ってきたな🚢

 

早速、手帳のお礼から。

もうすでに、いろんな場面で助かってます!

 

そして、今年の出来事を話す。

1月と3月の入院。

 

胃ろう造設した。

「前に会った時、胃ろうするかもーって言ってたよね」

「そうです。あれからすぐ決断しました。もう全然食べられなくて、飲めなくて」

 

神経内科でいろいろ異常が出た。

「いやー、徹底的に調べるってこういうことを言うんだなって思いました。検査に次ぐ検査で、2週間が2ヶ月に感じられるほど濃い入院でした」

 

病名も2つもらった。

この先生も、これらの病気を知っている風だった。

さすが医師たちは、ちゃんと病気を知っているんだな。

 

身障を2級で書いてくれた。

だから精神の手帳は、もう更新することはないだろう。

なんせ病名が、機能性神経症状症。

これは、何も異常がないのに、体に問題が出ているという病気の名前だから。

もうこれには当てはまらない。

 

身障の診断書は書いてくれたけど、まだ住民票の移動もできてないから、提出もできていない。

手元に手帳が来るまでには、時間がかかるだろう。

ということで、まだしばらく精神の手帳にお世話になります。

 

「指定難病取れたら、いろんな治療ができるようになるそうです」

「そうだろうね」

「今まで治療というものに縁がなかったから、その言葉に違和感しかないんですけどね」

「確かに」

 

「入院中にステロイドパルスやって、今は重症筋無力症の薬飲んでます」

「何か変化ありそう?」

「ステロイドはしんどかっただけですけど、重症筋無力症の薬飲みだしてからは、ちょっと元気になった気がします」

「それはよかった」

「今後は、ガンマグロブリン療法って、お高い治療とかもするかもしれないそうですよ」

「ガンマグロブリン大量投与?」

「そうです。入院してやるんだそうです」

「そっかぁ。少しでもよくなるといいね」

「そうですねー」

 

今現在、薬が2桁っていう話をしたら、驚いていたというか、同情してくれているような感じだった😅

 

「つらかった、苦しかった、しんどかった。今年に入ってからいろいろあり過ぎて、本当に大変だった」

 

ほんとは、2月に帰ってきたかった。

でも、自分の体調があまりにも悪くて、動けなさすぎて、帰って来れなかった。

 

前から思ってるけど、精神科は本当に、オンライン診察とかしてくれたらいいのになぁ。

病院によってはやっているところもあるんだろうけど、医大じゃさすがに無理だよねー。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました