ちゃんと整形の患者として来ましたよ

最近のこと

2023年10月21日

朝イチでいつもの整形に行ってきた。

開院時間前からラインナップしてたのにはびっくり。

まぁ、整形だけでなく、リハビリや内科の患者さんもいるしね。

 

開院時間の9時に着いたけど、まぁ待つよね。

話長いの分かってるし。

それでも早めに看護師さんがやってきたほうだと思う。

 

今日はどうされましたか?に対して、左足親指左肩の話をする。

「最近、左足の親指の関節が痛くなるんです。夜中に激痛で目覚めたりします。」

「あと、左肩がちょっとズレてるというか、変に隙間があいてるというか。訪問リハさんにも、ちょっとズレてる感じしますねって言われました。」

ね?ちゃんと整形の患者として行ったでしょ🤣

 

そして、肩と足のレントゲンを撮ることに。

しばらく待ってからレントゲン室へ。

撮影終了後は、診察室の前で待つ。

さらに待つ。

その時点で11時を過ぎていた。

 

やっと呼ばれて診察室へ。

「もう帰ってきましたか。時間が経つのは早いですね。まだ、何もしてませんよ。」

「あぁ、とりあえずそれはもういいですよ。」

この先生、結局身障の申請してなかった😑

まぁもういいさ。

1番の理由だった駐車場問題は解決したし。

 

そして、足とか肩の話は後回しで、カナダの話になった。

結局、カナダでは何もできずに終わったこと。

神経内科医には会ったけど、左膝をポコポコ叩かれまくって、内出血して終わった。

日本ではやっていても、カナダではないなら、MRIと神経伝導検査をしましょう、という話になった。

ただ、MRIの日時が書かれた手紙が届いたのが9月末、そして予約日が11月8日。

 

先生にもこの手紙を見せた。

 

そして、時間のところを。

さすがに先生もびっくりしてた。

早朝にも程があるよね🤣

 

そして、カナダで唯一手にいれたものも見せた。

これは本当に良かった!

駐車場が近いってすごく助かる。

 

これの申請書を書いてくれたドクターに言われたことも話した。

どこに行っても同じようなことを言われるかもしれないけど、ちゃんと診断してくれる神経内科医に出会うまで探しなさい。確かに、精神的なことが理由で体が動かなくなることはある。でも、それは一時的なものだ。あなたの場合、長過ぎる。

この話に、整形の先生も同意していた。

 


「もう手足はどうでもいいから、せめてご飯が食べられるようになりたい。もうむせて咳き込んでが始まってから3ヶ月ですよ。そして、どんどんひどくなってる。今はほぼ、ドロドロご飯しか食べられない。」

「痩せた?」

「痩せた、と思う。計る機会ないから分からないけど。」

「いつからだっけ?」

「7月半ばです。入院中から。」

「おー、その時はまだ日本だったな。

それは球症状だ。耳鼻科では何も出なかったんでしょう?」

「耳鼻科では何も出てませんよ。ま、検査したのは液体とゼリーだけですけど。液体、ゼリーは大丈夫だって言ってるのに。」

「そりゃ大丈夫でしょう。」

 

そして、来月実家に帰るから医大への紹介状を書いて欲しいと頼んだ。

カナダがあまりにも不完全燃焼で終わったから。。

もうこれで、当分どこにも行く予定もないし。

 

教授の先生に診て欲しかったけど、11月3日金曜日(最短の教授外来日)が祝日だから2日木曜日が希望だと伝える。

先生、iPadを取り出して医大を調べる。

「木曜日、若い先生ばっかりだ。」

「えー、もう若い先生イヤだ。」

「金曜日だったら10日もある。あ、この先生、火曜と水曜も外来に出てる。7日火曜日がいいんじゃない?」

「あ、そうなんですか?じゃあ7日火曜日でお願いします。先生の指名とかできるんですかね?」

「できるでしょう。この先生宛で手紙書くし。他の先生になったとしても外来にはいるから、困った時に意見を求められるし大丈夫でしょう。

資料とかいる?」

「いや、もういいでしょう。」

 

こんなやりとりをしながら、来週中には予約取っておきますと言われた。

さすがにこれはちゃんとやってね、先生🤣

ということで、この件は来週の電話連絡待ち。

 


そして本題。笑

足と肩の話。

 

とりあえず、レントゲンを見る限りは大丈夫そう。

肩が外れているわけではない。

おそらく、筋力が低下しているからズレてきているんだろう、と。

 

そうだろうね。

肩が外れてたら、もっと痛いだろうし。

今は、多少の違和感とたまにちょっと痛いくらい。

 

足に関して。

「今も痛い?」

「今は痛くないです。」

「そんなに赤くなってないから、関節炎ではないと思うけど。。」

「痛みが出たあとは、もっと赤くなります。」

「まぁないとは思うけど、場所的に痛風の可能性も否定はできない。」

 

そして、先生が触ったあと、痛くなった。。

横にいた看護師さんに言う。

「今痛い。。」

動かしたりすると痛みが出やすいのかな。

 

先生、カルテを見る。

「あ、うちで血液検査したことないの?やっとく?」

めちゃくちゃ軽いノリで血液検査することになった。

おそらく関節炎でも痛風でもないとは思うけど。

筋力のバランスが崩れて、骨同士が当たって痛いのではと思っている。

 

一応、ひどい時は激痛になるから、痛み止めを処方しておいてもらった。

痛みが出た時に飲むそうな。

でも、そんな一瞬では効かないよね。

ま、お守り的な感じで、寝る時近くに近くに置いておくことにしたよ。

 

こんな感じで、久しぶりの整形は終わった。

終わった時、時間見てなかったけど、おそらくお昼過ぎたよね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました