ほんとにカナダ行きますよ。

最近のこと

2023年8月16日

精神科外来の続き

 

先生に言われた。

「ほんとにカナダ行くの?」

「行きますよ。さすがにもう、行かないって選択できないと思いません?笑」

 

PR

 

もう1週間ちょっとで出発。

さすがにここからやめる選択はないね。

 

自分でも思う。

そんなにしてまで行く必要あるんだろうかって。

春の時点で、カナダに戻る理由を自分で作ったんだから仕方ない。

人も連れて行くし。

 

「機内食だけ、ちょっと心配なんですよね。むせずに食べられるものがあるんだろうか。」

「そうだよねぇ。スープとかってなかったっけ?」

「ないですねぇ。なんとか考えないと。」

 

前までは、カップラーメンとかあったけど、最近は出てこなくなったなぁ。

まぁ、カップラーメンが食べられるかも分からないけど。

 

ゼリー飲料やプリンは水分扱いで、保安検査場を通過できない。

保安検査場を過ぎてから、何か売ってればいいんだけど分かんないし。

持ち込めるもので食べられそうなもの、考えておかないと。

飛行機の中で、あんまり咳き込んでると、まわりにイヤな顔されそうだし🙃

 

それにしても、カナダ行きに関しては、ものすごく心配してくれてる様子。

ちゃんと元気に、また先生に会えるようにしたい。

 

診察のあとはカウンセリングで、心理士さんのいる部屋まで車椅子を押してくれた。

「いってらっしゃい。気をつけてね。」

「はい、いってきます!」

 


カウンセリング。

本来は、幼少期から順番に話をしていったりするらしい。

でも、私がこれからしばらくいなくなるし、今中途半端に始めるのも、お互い忘れそうだし。

ということで、今困っていることはありませんか?という話になった。

 

困っていること。

そりゃ一番は、むせて咳き込んで、ご飯がちゃんと食べられないことだ。

色々試して、あれもこれもダメで、ちょっとイライラしてきた話。

どうしたらいいんだろう。

体がうまく動かないことより、こっちのほうが大問題。

 

そして、私のパートナーとの話をした。

昔は彼が絶対的存在であった。

そして今は、呪縛が解けて、解放されたような感じである。

 

彼との今後について、少し考えたほうがいいかもしれませんね、と言われちゃったよ🤣

まぁねー。

 

彼と離れて過ごすこの数ヶ月は、私にとってちょっとした実験であった。

彼がストレスの原因であるならば、離れている数ヶ月で体が良くなるか、少なくとも悪くはならないと思っていた。

でも結果としては、彼がいようがいまいが、体はどんどん悪くなっている。

生活が成り立っていないからと、入院することを選んだくらいだし。

めまいむせるという、新たな問題まで出てきたし。

だから、私の中では、彼がストレスの原因で体が悪くなっている、という説は否定されている。

 

色んな話をできるカウンセリング。

とことん話せる場って必要だと思う。

これから何気に楽しみかもしれない。

 

PR

 

帰国は10月18日。

そして、その1週間後の10月25日に、作業療法・診察・カウンセリングの予約を入れた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました