胃ろう造設をする病院への受診日がいきなり決まった!

最近のこと

2023年12月26日

今日は、元々の耳鼻科に行くと決めていた。

年末年始を考えると、エンシュアがギリギリだったから。

薬剤師さんにも、すでにその話をしていた。

というか、薬剤師さんに言われた😅

そして、耳鼻科の先生に、胃ろうすることに決めた話もしたかった。

 

そんな朝、嚥下のクリニックから電話がかかってきた。

胃ろう造設をする病院への受診が明日になった、と。

 

明日、12月27日10時から

 

めちゃくちゃ急だけど、そこしか空いていないと言われたそうな。

まぁ、予定としては問題ないでしょう。

嚥下リハビリをキャンセルして行くだけだ。

 

その電話のあと、耳鼻科を予約する。

20人待ちみたいなの見ると、予約するか悩んじゃうよね。

でも、明日が無理になるなら、もうあんまり日にちもないし仕方ない。

 

そろそろ家を出ようかなと思っていたくらいのタイミングで、また嚥下のクリニックから電話。

明日、病院に持っていく手紙を取りに来てほしい、と。

 

「これからエンシュアのために耳鼻科行くので、そのあと行きます」

「親が帰ってきてから取りに来てもいいよ」

「帰ってくるの、早くても7時台、遅い時は8時過ぎますよ」

「そんな遅くまで働いてるのか。じゃあ、寒いしゆっくり、気をつけて来てね」

「わかりました」

 

ということで、急に忙しくなった。

まず耳鼻科に行く。

そのあと、嚥下のクリニック。

このクリニックのスタッフたち。

ほとんどが、私がこれから入院する病院の出身。

休憩しながら、色々と教えてもらった。

そして、薬局。

薬剤師さんには改めて

「よく決断しましたね」

と言われた。

 

それぞれの場所で休ませてもらったけど、車椅子で自力の往復はめちゃくちゃ疲れたよ。

 


耳鼻科で。

先生に胃ろうをすることにした、という話をした。

 

みんなには、思った以上に反対された。

説得をする気はないけど、今の状況と、こういう経緯で決めたんだ、ということは話した。

いろんなリスクは承知の上。

簡単と言われても手術だし、何があるかはわからない。

それでも、今の状況を続けるよりはいいと思っている。

 

耳鼻科の先生は、最初から胃ろうに賛成している。

栄養が足りずに、いろんな問題が出る前に、まず何とかしたほうがいい、ということで。

それでも、胃ろうを決めたことに対して、何か思ってくれたんだろう。

すごく応援してくれた。

胃ろうをしたあとは、口からのリハビリをがんばろう、ということ。

今も、神経内科を色々あたってくれているらしい。

2-3cmにもなる分厚い資料を作り、神経内科に送ってくれている。

これだけの熱意を持ってお願いしているんです!という感じらしい。

 

先生に言われた。

「私と嚥下の先生。少なくともこの2人は、あなたが良くなることを心から願って、色々考えて動いてるから。そのことを忘れないで」

本当に、2人であれこれ考えて意見を出し合っているらしい。

体に関しては、どこの神経内科がいいとか、知り合いがいるとかいないとか。

何か見つけてくれないと、その先に進むのが難しいから。

食べることに関しても、このまま痩せ続けていくのが一番良くないから、どうするのがいいかを模索してくれたり。

 

握手しよう、って言われた。

そして、めちゃくちゃしっかり手を握ってくれた。

「あなたは1人じゃないからね」

そんな感じのことを言われた。

いろんな話の中で、ちょっと泣きそうになったよ。

今まで色々あって、でも何も出ないから誰にも相手にされなくて。

そんなことを全てわかった上での言葉。

 

「先生のおかげで今があるんですよ。本当にありがとうございます!」

本当に、いい先生にめぐり会えたなぁ。

年明け、入院前にまた先生に会いに行きたいと思う。

 

 

最後に、船旅のお土産とハイプチゼリーをあげた。

耳鼻科の先生。

ほんと、休みなく働いている気がする。

人のために、もいいけど、私からすれば、少しは自分の体も労ってほしい。

これ、23gしかないのに80kcalも摂れるんですよ!

ビタミン豊富らしいし、風邪予防にもぴったりだと思いますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました