先生と話をしてきた。

最近のこと

2023年12月23日

母親と散々話をした夜、パートナーと電話で話した。

何時間も話した。

嚥下の先生のこと、母親のこと、彼やCさんに対しても、信じていいのかわからない状態だった。

 

私の母親は、医学的知識なんてもちろんないし、自分で勝手に勘違いしたり、変に曲げて解釈したりするところがある。

そんないい加減な情報を、いろんな人に話しまくっている。

感情的になりやすくて、そんな勢いで話すことがあって。

 

嚥下の先生は、よくわからないところがある。

ほぼ毎日通っていても、そんなにそんなにしゃべることもない。

チューブをやっていた時は、先生に対して悪態もついたし、睨みまくってたし🤣

あのクリニックでは、看護師さんたちとも、受付の人たちとも仲良くなった。

でも、先生とだけは、なかなか仲良くなれていない。

 

精神科に入院させて、無理矢理食べさせるってどう言うことだろう、と思った。

そして、本人に言うな、と言った理由について思いついた。

精神科は、親と医師が判断すれば、強制入院をさせることができる。

身体拘束してでも、栄養を摂らせることができるかもしれない。

閉鎖病棟では、何が行われているかわからない。

何されるかわからない。

薬漬けにされる可能性だってある。

それは避けなければ。

最悪、カナダにでも逃げるか🇨🇦🤣

 


彼と電話で話しまくった翌日、リハビリのためにクリニックへ。

いきなり先生に話しかけられたよ。

 

先生が以前勤めていた病院で、許可がおりたそうな。

だから、この嚥下の先生が、胃ろう造設してくれることになった

このまま話を進めていいか、と聞かれた。

 

「おー、それはよかった。はい、このまま話を進めてください」

 

それから話を続けた。

 

「拒食症で?精神科に強制入院させて?無理矢理食べさせる?

母親が話の流れで教えてくれたんです。コソコソの理由。先生に口止めされていたと」

 

すると先生、ちょっと驚いたように

「え?ちょっと待って、話が飛びすぎてる💦」

 

先生の説明によると、こんな感じ。

色々ある可能性の中のひとつとして、拒食症という話をした。

でも、私は内科医であって、精神科医ではないから、診断はできない。

実際に、母親が話を聞きにきた時点では、1日の食事がエンシュアお猪口3杯分くらいだった。

それが続けば命の危険がある。

だから、そうなれば、無理矢理にでも入院させる必要があった。

でも、今はその時よりは食べられているから、その必要はない。

リハビリに通ってくれていることによって、生存確認もできている。

それに、胃ろうをすると決めてくれたことで、一歩前進した。

 

 

なるほど。

まぁ、納得のできる話だ。

エンシュアお猪口3杯しか飲んでない状態続いてたらヤバい🤣

そりゃ強制入院必要だ。

てか、生存確認されてたのね🤣

 

「何?そんな強制入院とかされたかった?」

「いや、あり得ないでしょ(笑い半分に睨む)」

 

とりあえず、自分の中ではそれなりに納得できた。

先生を100%信じられるかは微妙だ。

隠し事をしていた事実はあるから。

でも、もういいことにした。

何でもいい。

とりあえず、手術が無事に終わるのであれば。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました