STさんと嚥下リハの話

最近のこと

2024年4月22日

今日は、訪問看護に同行という形で、ST(言語聴覚士)さんが来てくれた。

このSTさん、夏には機内食のことで、本当にお世話になった。

 

「あの時、どうなりました?」

「結局、飛行機の中ではあんまり食べませんでしたね」

 

国際線に乗る前の空港で、最後のまともなご飯。

コンビニで買った蒸しケーキと介護食。

機内食の麺だけ少し試して、結局咳き込みまくってやめた記憶が。。

日本からカナダへ

 

 


STさんとは、普段の嚥下リハの話をした。

どういうことをやっているか。

最後にリハしたの、入院前だけど。

 

「筋トレ系のリハですね」

と言われた。

嚥下リハにも、いろいろ種類があるんだろうなぁ。

 

嚥下クリニックのSTさんも、なかなかにスパルタな人だ。

だから、その人の方針通りにやったらいいだろう、ということになった。

 

 

それとは別で、普段どうするか。

舌圧が低いなら、やっぱりペコぱんだをやろう。

今度リハ行った時に、ちゃんとやってました!と言えるくらいに。

 

ペコぱんだを持ってるみなさん、だんだんやらなくなるそうで。

最初はテーブルの上にあったのが、そのうち棚に片付けられたりとかしていくそう。

 

わかるなー🤣

私もずーっとテーブルの上に飾られている。

最後に自主練したのはいつだろう。。🙃

 

息を吸ったり吐いたりが弱いなら、これをやろう。

100均や駄菓子屋のようなところで売っている、吹いたら紙がピローンって伸びるやつ。

 

調べたらこれ、吹き戻しという名前らしい。

最近は、売ってるところも少ないそう。

これが簡単にできるようになったら、ちゃんとしたリハ用のものを使うのもアリだとか。

 

長息生活

長息生活(吹き戻し) 3本入 各レベル1本入 (ルピナス) (レクレーション・遊具)

新品価格
¥900から
(2024/4/26 20:00時点)

レベルが何段階かに分かれている。

 

 

ガムの話になった。

「最近、噛むのも飲み込むのもしんどいんですよね」

 

ガムとか噛みたくない。

普通のガムが大変なら、駄菓子屋のフーセンガムとかのほうが柔らかい、だそう。

噛むのも飲み込むのも、それらを使わないと筋力は落ちていく。

 

知ってるよ、そんなの。

実際に、落ちているのは実感してるし。

 

「口を大きく開けられますか?」

口を大きく開けてみる。

 

普段、口を大きく開ける機会ってない。

左の顎がガクガクいう。

両顎しんどい。

 

「歌を歌うっていうのもいいですよ」

以前はよく、1人で歌っていた。

ストレス発散にもよかった。

 

でも、いつからだろう。

なんというか、歌えなくなった。

声を出すしんどさと、スピードについていけないのと。

 

童謡から始めよう、ってCさんに言われた。

甥っ子と歌え、と🤣

 

これから1人で生活をしだすと、しゃべる機会が減るだろう。

しゃべるのも、嚥下機能を落とさないために大事なことだ。

 

 


STに関しても、訪問の話が出た。

そうか、神経内科からであれば、STも出せるんだ。

 

引っ越したらまた、嚥下リハに通うつもりでいる。

でも、通うのはやっぱり大変だ。

 

毎回、母親に送ってもらうのは、文句が出るし。

バス1本で行けるけど、1-2時間に1本しか走ってない🤣

 

やっぱり、家まで来てもらえるのが一番ありがたい。

訪問で、全部のリハが入ってくれるようになると、本当に助かるな。

 

神経内科からだと、それが可能になるらしい。

実際入院中は、全部のリハが入っていたしね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました