加圧バッグでラコール注入

最近のこと

2024年3月13日

入院2日目-3

 

お昼にラコールの注入をした。

看護師さんが、手動で空気を入れて膨らましてくれて、あとはその空気圧でゆっくり栄養剤が押し出される。

 

まぁ、正直言って、これはキライだ。

めちゃくちゃ気持ち悪い。

 

ラコールを無理矢理、グリグリ押し入れられている感じがする。

喉まで上がってくるような気持ち悪さがある。

しかも、300g全部だから、今まで以上に気持ち悪い。

 

とにかく早く終わってくれって感じだったし、不快感が半端ない。

喉から胃まで、ずっと気持ち悪かった。

めちゃくちゃ異物感があって、取り出したい感じだった。

しばらく胃を押さえてうずくまってた。

 

そして、回収に来た看護師さんに言う。

「めちゃくちゃ気持ち悪い。これはイヤです。もうやりたくない」

「そんなにイヤでした?先生に伝えておきますね」

 

筋電図の時に、先生にも直接言った。

「あれキライだ。もうイヤです。あれまたやるくらいなら、エンシュアのスピード早めるほうがマシだ」

「そんなにイヤかぁ。前にも言ったけど、逆流を考えると、半固形のほうがいいんだけどなぁ」

そう言いながら、速攻で夜の注入をエンシュアに変更してくれた。

夕方だったけど、間に合ってくれてよかった。

 

ラコールの注入。

30分くらいかけて300gを入れる。

これをもし1時間とかにできれば、もうちょっと違ったのかなぁ。

まぁ、もうやりたくないけどー。

 

家に残ってるラコールどうしよう🤣

朝と夜は、エンシュア1本ずつ。

ラコールも合わせて、けっこうな栄養が入ってるでしょ?

 

ま、他はほぼ何も口にしてないけど。

今一番大変なのは、栄養を入れること。

 

 


加圧バッグは、こんな感じ。

 

この緑より先に、赤がある。

赤が見えるとこまで圧をかけるそうな。

そして、青いレバーみたいなのをひねると、空気が抜ける。

 

自分でできないし、今後もやることないだろうけどー😝

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました