市の総合福祉センター

最近のこと

2024年5月30日

PR

 

総合福祉センターというところに行ってきた。

受付で説明をし、2階へ行く。

 

障害者総合相談支援センターというところで話をした。

神経内科で、体のリハビリはしたほうがいいと言われている。

でも、病院側から「ここがいい」みたいな、場所の紹介はできない。

自分で探してきてくれたら、指示書は書く。

そう言われたけど、いっぱいあり過ぎて、どう探したらいいかわからない。

介護保険で、みたいなところが多いし。

こんな話を、電動車椅子を貸してくれた業者さんに話したら、ここを紹介されたのでやってきた。

 

障害者手帳を見せて、病気の話をする。

普段の生活の話をする。

胃ろうをしていて、口からあんまり食べない。

だから、料理はしない。

お風呂も、湯船に浸かることはできないけど、シャワーくらいなら1人で入れる。

 

「自立されてますね。でも、ちょっと心配」

そんな感じのことを言われた。

 

1人で何でもできるように、工夫して努力してきたからね。

 

地域の担当者を紹介してもらい、別室で話をする。

訪問リハが入ってくれたら、ということで相談。

いくつかの事業所を紹介してもらう。

 

そして、そこからひとつの事業所に連絡をしてくれた。

空きがあるか、担当できるリハさんがいるか、確認でき次第また連絡します、ということになった。

この事業所がOKなら、あとは直接やり取りをすることになる。

よし、やっと話が進んできたぞ😃

 

 

3階のリハビリセンター

リハ室を案内してもらう。

病院のリハ室というよりは、健康維持のために通う公民館、みたいなイメージだった。

 

理学療法室、作業療法室、言語聴覚室と分かれていて、50代以上の人が多いそう。

利用者は一応、20代から80代までいるらしい。

 

療法士さんたちに動かしてもらうというよりは、利用者本人が自主的に動く。

必要に応じて、ヘルプをしてくれる。

 

個室でいろいろ話をする。

このリハビリセンターのセンター長。

あとで名刺見て気づいたけど、作業療法士さんだ。

 

病名を、というか、病気についてよく知っていた。

体を使い過ぎると、動かなくなるということをわかっていた。

けっこう、リハビリの現場では、敬遠される病気らしい。

細分化、専門化され過ぎた最近では、そもそも対応できない人も多いらしい。

うちでは、ちゃんと対応できるよ、と言っていた。

 

嚥下問題についても話をした。

そしたら、とろみ剤が合わない、に共感してくれた

「とろみ剤って基本、高齢者のための物だし。口の中に溜まったり、喉に張りつく感じするでしょ?余計に飲み込みにくくなるよね」

 

初めて、こんな風に言ってくれる人に出会った。

今まではみんな、どちらかというと不思議がっていた。

この人は唯一、私のこの苦しみをわかってくれた感じ。

嬉しかった。

 

私の問題が、飲み込みそのものではない、ということも、話から理解していた。

それより前か後の問題だ、と。

 

隣に医師会があって、そこからドクターがやってくるそう。

嚥下とかに詳しい先生もいるから、必要だったら診てもらえるようにするよ、と言われた。

 

このセンター長と、もっと話をしたい。

 

 

ここのリハビリセンターを使用するためには、まず今かかっている病院から、診療情報提供書というものをもらってくる必要がある。

そして、このセンターで診察を受ける。

それから、使用可能になる。

 

半日の使用で300円。

これは、医師の診察も込み。

毎日来る人もいれば、数ヶ月に1回の人もいるそう。

 

好きな時に来たらいいんだって。

それくらい気軽だといいね。

しっかりリハビリ、は訪問リハで、ちょっと遊びに行く感覚でここに来たい。

母親もここを気に入ってた。

 

この施設には、障害者手帳があれば無料で使えるトレーニングルームや体育館、プールもある。

健常者は、いくらかお金を払うっぽい。

 

トレーニングルーム

最新のいろんな器具が用意されている。

車椅子に乗ったままでも使えるものもあるらしい。

一応、トレーナーさんがいるそうな。

 

体育館

日によって、いろんなスポーツをやっているそう。

車椅子バスケもあるらしい。

ゴールの高さが2種類あるバスケだ。

以前、車椅子バスケに誘われていたことがある。

結局、見に行くことすらできずに終わっていたけど。

そのうちここに、見に来れたらいいな。

ちなみにここの体育館の床、こけても怪我しにくい特殊な床らしい。

 

プール

プールなんて久しぶりに見たけど、すごかった。

車椅子ごと入れるらしい。

それ用の車椅子があって、プールに入るスロープがあって。

久しく湯船に浸かるということすらしていない私だけど、プールには入れてしまうらしい。

 

 

今回、この総合福祉センターに来てみてよかった。

今後に繋がったし、世界が広がった感じ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました