入院 14日目 前半 耳鼻咽喉科

最近のこと

2023年7月26日

今日はリハビリがなかった。

昨日の時点では、また明日〜という感じだったのに。

でも、その代わりに、朝からソーシャルワーカーさんと色々話せた。

 


ソーシャルワーカーさんに色々話を聞き、どうするか考えないとなーと思っていたら、耳鼻科の外来から呼ばれた。

 


耳鼻咽喉科。

今回、ご飯時にむせること、そしてめまいの原因を調べるための受診。

問診票を記入し、聴力検査をする。

そして、診察室へ。

 


まずはめまいのこと。

どんな状況でめまいが起きたか。

どれくらい続いたか。

今、どんな感じか。

そんな話をした。

 

そして検査。

耳鼻科のイスってすごい。

こんなに倒すことができるのか。

イスを思いっきり後ろに倒されただけで、めちゃくちゃ咳き込む。。

 

先生は、このイスを思いっきり後ろに倒した状態で、部屋を暗くして目の状態を診ていた。

頭の向きを変えながら、何度もチェック。

パソコンで、この前撮ったMRI画像も見ながら診断される。

 

前庭神経炎


もし今後、強いめまいを何度も繰り返すようなら、メニエールだと言われた。

そして、薬を2種類処方された。

 


「何でもなさそうですね。」とか言われるのかと思っていたら、ちゃんと病名が出た。

眼振があると言われた。

 

何もありません、心因性、ばかり言われてきてたから、変な話だけど病名が出て、ちょっと嬉しかった。

めまいには、ちゃんと理由があったんだ!

めまいリハビリのYouTube情報も教えてもらった。

 


次にむせることについての検査。

人生初、鼻からカメラを入れられた。

痛くはないけど、なかなかにしんどい検査だった。

 

鼻から喉の辺りまでカメラを入れ、その状態で飲み込みを診る。

ちょっとトロミのついた液体、普通の液体、そしてゼリーをそれぞれ口の中に入れられる。

そして、それらを正常に飲み込めているかを診る検査だった。

おそらく、カメラが喉に触れるからかな?何度も咳き込んだ。

 


飲み込み自体は正常にできていると言われた。

でも、どこかのタイミングで言われた「咳の反射が強いなー。」という言葉が気になった。

 


飲み込みについて。

私は、液体やゼリーでは普段あまりむせない。

固形物のほうがむせる。

このことを、最後に先生に言った。

すると、固形物の検査はここでは危なくてできないからということで、造影剤を使って調べる検査をすることになった。

 


残念ながら、予約の関係上、この検査は入院中にはできなさそう。

それは仕方ない。

この検査で、何か出るだろうか。

 

むせて咳き込んでってけっこうしんどい。

ご飯もあんまり食べられないし、めちゃくちゃ時間かけてゆっくりになるし。

 


とりあえずこんな感じで、耳鼻咽喉科受診は終わった。

あー、疲れた。

鼻と喉に多少の違和感があった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました